« 有馬記念 それで結果は!?・・・うーん超複雑な心境だー | トップページ | とうとうきたぜ。 年明けからが勝負だぜ »

2005/12/27

IC2177 AOO編

WASI-AAOO-MIXDDP-PS-SS今回の寒波は風向きが悪いのか、あまのじゃく当西脇はドン曇が続いてます。昨日神戸は超快晴だったようなんですがねー。年末も曇りの予想でぐれちゃいそうですねー。まあ年末の大忙しで撮像する元気は流石のあっしもごじゃりません。あと2日で休みだーって思えばがんばれるんでやんすね。昨年のインフルエンザ攻撃ではこれが約2ヶ月続きましたからねー。でももう今年は無理です^^;
なところで先日メーテルさんのところにアップしたAAOBではなくて、あっさりAOOで処理したSeagull Nebukaです。ちょっと恒星の色目がいまいちなんですが、MaxImDLだとsigma compositeしてちょちょいのちょいで仕上がっちゃうのが超うれしい限りですね。星雲の解像度は互角。どうしてもブロードバンドじゃ光害をひらっちゃいますからねー。バックグランドのカブリがうまく取れんのですよ^^; Auto gradient filterでかなり補正は出来るんですけどね。6nmのナローバンドならほとんど光害カブリは気にしなくていいので、フラット補正だけで十分です。やっぱええカラー画像をものにするには、遠征せんとあかんということですかね。しばらくはED180+IMG6303E/SXVM25Cで労働時間短縮をめざしやす。でもED180用のイカシタフードはないもんですかねー。
TAKAHASHI FSQ106/IMG6303E*/LPS-P2 ASTRODON Hα,OIII(6nm) (60,100)/NJP+FC60+ST5C guided


|

« 有馬記念 それで結果は!?・・・うーん超複雑な心境だー | トップページ | とうとうきたぜ。 年明けからが勝負だぜ »

コメント

そうですねー。自宅撮像の一番苦しいところは、やはり背景かぶりですね。
これが単純なカブリから斜鏡のカゲ、スパイダーのカゲと入った具合で補正がやっかいです。
それでも被写体が小さければある程度は対処できるんですが、
http://www.net-tsc.co.jp/~enshu/uto/sakugo/Sharding/Sharding.htm
の下の方見てね。
でも広面積の被写体は無理だなー。

遠征、自分もそろそろ考えています。
でも冬は無理ッス (^^;

投稿: uto | 2005/12/26 23:21

おおこの方法はいいですねー。特に明るい写真レンズを使ったらよく同心円状のカブリガ出るんでお手上げでした。早速試してみますね。これはよさげだ!

投稿: MIK(田舎) | 2005/12/26 23:28

来年は明るい彗星が着ますからね、明るい短焦点の望遠鏡が物を言いそうです。 AOOもけっこういい感じじゃあないでしょうか。 SIIのほうが強度が強いと思いましたのでASSという手があるかも。

投稿: TaNaKa | 2005/12/27 15:24

ふと思ったこと・・・
イプシロン180EDを2台並べて、
片方に、IMG6303、もう片方にSXV-M25をつけて同時撮影してLRGB合成!
APS冷やしカメラコンビの夢のコラボレーションで究極の撮影時間短縮を図るってのどうでしょ?

投稿: uto | 2005/12/27 19:37

>ASSという手があるかも
そうですね、そのほうが高解像度に仕上がるかもしれませんね。

>イプシロン180EDを2台並べて
流石のあっしもそんな節操のないことは・・・
6303Eのほうが若干チップサイズが大きいんで、FSQ+IMG6303Eを(L) ε180+SXVM25Cでカラーってのがほぼ同じ画角で結構おいしそうなんでやんすよ。年明けはこれだニャー

投稿: MIK(田舎) | 2005/12/27 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC2177 AOO編:

« 有馬記念 それで結果は!?・・・うーん超複雑な心境だー | トップページ | とうとうきたぜ。 年明けからが勝負だぜ »