« ええ塩梅です M33 | トップページ | これはなかなかエエンデナイカイ M31 »

2005/11/10

冬の夜空はどこもかしこもHαギンギンで困っちゃうぜ IC2177

wasu-sigma-ST-MIXDD-PS
昨夜は年に数回しかないすげー透明度のいい空でやんしたねー。写る写る やっぱ空は大事ですねー。ここ半年くらいまともな空にはお目にかかっておりませんでしたからねー。薄明までガンガンこれでもかってくらい撮像できやした。ありがたやありがたや。IMG6303E+SDUFIIでは冬の夜空はどこもかしこもHαギンギンで困っちゃいそうですねー。おおいぬ座の和名?「わし星雲」 IC2177やんす。TGではなんでも夏のワシ星雲M16と紛らわしいんで、IC2177で統一するって書いてありましたが・・・、こりゃ「Eagle」じゃなくってもともと「Seagull」なんで誰もわし星雲なんていってないんですがねー おかしな話です。対象が南の低空ってことで憎きマックスバリューの光害をもろに受けちゃいますから、 GBはLPS-P2を入れてとったほうがよさそうだろーってHαのみです。薄明前のわずか40分でもこの写り。やっぱナローバンドには透明度が一番だにゃ これは・・・光害は無敵艦隊には関係ないぜ。でもこのIMGの高超感度には脱帽ですなー。昨年とったSXV-M25cのカラーデータでカラー化してみるといい結構絵になりますぜ きっと。お月も大きくなってきたしそろそろ1作品仕上げとかないけませんなー。でも昨晩のdataで今月は安泰じゃな ニシシ。
PENTAX100SDUFII IMG6303E -35度(余裕) CSHα-4.5nm 10minX4/NJP/FC60+ST5Cguided

|

« ええ塩梅です M33 | トップページ | これはなかなかエエンデナイカイ M31 »

コメント

これまたもの凄く濃く写ってますね。 なぜミラー反転した画像なのでしょう? 何か意味深でも。  たしかこの星雲はOIIIよりもSIIで強く光ってたような気がします。 モンキー星雲も同様です。 この辺の成分の強度比が違う理由なんかもわかると面白いのですが、単に固有値だなんて言われたらつまらないです。

投稿: TaNaKa | 2005/11/09 23:34

いやー別に意味はないです。カラー化しようともくろんでで反転したままでした^^;
昨年栃木NIKONで撮像したときはS2でよく光ってましたね。でもHα-GBでも星の色が何とか再現出来そうなんでこっちでいってみようかなー

投稿: MIK(田舎) | 2005/11/10 08:52

私はカモメ。

ってこたー、誰か聞き間違ったのがそのまま定着しちゃったんですね。
でも頭の部分はカモメってイメージじゃないよなあ。無理無いね。
それにしても素晴らしい写りですねー。
IMG6303恐るべし。

投稿: uto | 2005/11/10 12:09

いくつか冷却カメラのゲインと読み出しノイズを測定してみたところ次のような結果になってます。
カメラ 読み出しノイズ
STL 18.15e
IMG6303E 10.67e
CM-7 10.44e
ME-2 8.59e

投稿: TaNaKa | 2005/11/10 14:17

読み出しノイズは6303EはKAI110000よりも低いですが面積比を考慮したらそんなに変わらないんでしょうか?やはり冷却温度が大きな差になるんでしょうかね。

投稿: MIK(田舎) | 2005/11/11 00:13

面積はSTLのほうが大きいですが、感度は6303のほうが上ですから、トータルの受光量は6303とほぼ同じになります。 そう考えるとノイズが半分ですから単純に考えても6303のほうがSNは上になります。 ここまでは単純にデータを読み出すときの電気系などのノイズ比較ですが、ダークまで考えたら圧倒的に3段ペルチェのIMGのほうが有利ですから、市販品の中ではダントツの性能だと思います。 いまさらながら性能の良さを改めて感心しました。 Shoemaker-Levy彗星で有名なLevyさんも使ってるんですって。

投稿: TaNaKa | 2005/11/11 04:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の夜空はどこもかしこもHαギンギンで困っちゃうぜ IC2177:

« ええ塩梅です M33 | トップページ | これはなかなかエエンデナイカイ M31 »