« 琢磨ー! 来年もがんばれ! | トップページ | 海のものとも山のものとも・・・ 無駄使い第8弾(7は秘密です) »

2005/10/10

SXVM25C よー働くやつですですけどね M45

M45-subete-COMP-DDP-PS2新月期をねらって復活SXV-M25C健在でやんす。先日撮像していたM45をon axs guider(遠征スペシャル)のテストもかねて再撮像。RC0.77pでもバックフォーカスは大丈夫なんですがねー やっぱLPS-P2を入れるといつものところにゴーストが・・・ IRcutのみでは出ないんですがねー。先日のようないい空にめぐり合わないと当地でLPS-P2は手放せません。でも遠征するってなると結構重装備になっちゃうんですよねー、ガイド犬ではon-axisではガイド☆ぜんじぇん写らないしねー。結局STVが必要になりヤス。こうやって見るとやっぱり身軽な20Da ダークノイズも少なくて、EFLレンズだと収差も結構納得できる範囲。なんてったて800万画素ですからね、解像度っていう点からすればカラーCCDではこの画素数が最終的には効いてくるんでしょうなー。仕上がりはかなりSXVに迫ってきます。空の条件がよくて冬ならばその差はぐっと縮まるでしょうね。掃天さんから「20Daの赤外カットはずし、これが色補正フィルター入れなくても一般で使えちゃうんですよー」っていうニシシな情報を仕入れやした。純正・改造なしって文句をすてて、長距離遠征スペシャル仕様に改造しちゃうってのもいいかも知れんですなー

PENTAX 125SDP RC0.77p SXV-M25C 20minX3/NJP/光映社on axis guide+STV

|

« 琢磨ー! 来年もがんばれ! | トップページ | 海のものとも山のものとも・・・ 無駄使い第8弾(7は秘密です) »

コメント

20Daってどんなものなのでしょう? スイッチOnした直後はたぶんノイズが少ないとは思うのですが、1時間続けて撮影してたらノイズがどんどん増えていくとは思うのですが、それがどのレベルまで上がっていくのかがきになります。

投稿: TaNaKa | 2005/10/10 17:48

うーん、M45は同じ筒で素晴らしい冷却の画を見たことがあるので、個人的にはこの写りではチョット不満かなあ・・・
やっぱモノクロ冷却の方が・・と思ってしまいます。

ところでタイトルの画が変わりましたねー。
こっちの方が落ち着いていていーい感じだと思います。

投稿: uto | 2005/10/10 19:13

20Daに関しては、前回撮像したときはノイズリダクションOFFでしたが、3分露出X3枚で1分休みってパターンで撮像しましたが、時間が経過してもあまりノイズは増えませんでした。でも明るい筒を使ってあっさりノイズリダクションONで撮ったほうがいいでしょうね。IS400より800にすれば結局は同じ写りになるようです。露出時間が半分になるので歩留まりもいいようですね。

モノクロNABGでは、ブルーミングが悩ましいですね。ミドルサイズでABGってことになるとST8XEなんですが売っちゃったしナー
SXVH9が戻ってきたら、デススターXでメローぺだけをアップで撮像したいですね。

>ところでタイトルの画が変わりましたねー。
THANKSです。ちょっと見飽きてきたので変えてみました。900X300で作るのは結構センスがいりますねー

投稿: MIK(田舎) | 2005/10/10 19:58

600万画素クラスを使っちゃうと150万画素クラスに魅力を感じなくなりますよね。 大は小をかねるといいますし。

このスバルもフラット処理するとだいぶちがうんじゃあないでしょうか。 銀塩時代じゃあ考えられないほどよく写ってますよ。 ってフィルムとCCDを比較するのが間違いなんでしょうけど、ちょっと前まではデジタルカメラなんてダメだよーって言う人が多かったですが、今じゃあ当たり前のように使ってるし。 手のひら返すのは何も国会議員だけじゃないような気が・・・。

投稿: TaNaKa | 2005/10/11 07:11

ええと、ちょっと悩みましたが本音モードで。

うん、確かに非常に良く写ってるんですが、
CANPで見せて貰ったそめちゃんのTPにはこれ、星雲の解像が負けてるんですよ。
ここの模様が出て欲しいってところが出てない。
そめちゃんのカラーフィルムの作品には勝ってるかもしれませんが、
最終的にTPにLRGB合成してるそめちゃん(フィルム+画像処理)の勝ちって感じです。
いや、まあ、勝ち負けって何だよ・・ってのはありますけど (^^;
でも、モノクロCCDを持ち出せば、TPと同等以上のモノがとれますからね~。
SXV-25Mのモノクロ版なんてのがあれば最高なんでしょうが・・。

にしても、デジカメは価格が安かったこともあってあっという間に普及しましたね。
それでもやっぱり欠点(ノイズと偽色)に気付く人は銀塩に戻る人もいます。
特に偽色は対処法がありませんから・・。

投稿: uto | 2005/10/11 18:52

utoさんの言われるとおりですよね。
やっぱりカラーCCDでは解像度の点ではかないませんよね。ただ色調に関してはカラーCCDの方が素直なような感じがするんですよ。TP+カラーのLRGB法でもCCDのLRGBでも特に赤系の表現って元のカラーそのものには、解像度を落としてやらないと(飽和させないL画像を使わないと)無理なような気がするんですよね。今の光学系では、感度の低いカラーCCDではダイナミックレンジのほんの少ししか使っていないわけで、ブルーミングするまで撮像したモノクロCCDにはかなわないのは当たり前かなーって思います。最近のJimRiffleのデジカメ+センチュリオンの画像を見ていると、12bitでもおそらくダイナミックレンジをかなりフルに使った撮像をすればかなりの線までいけるような気がします。F2.8で16bitなら1shot30分くらい露出してやれば、いい結果が出る気がするんですけどね。あくまで想像ですが・・・

投稿: MIK(田舎) | 2005/10/11 22:18

ハイレベルな問いかけですね。 この間のM31のG画像を見てみました。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/d-range.jpg
左が2000-8000で右が2000-64000です。 この天体だとF2.0であればRGB各10分で十分なSNが得られてA4にプリントしてもまったく問題ありません。 FSCのF3.6だとGだけは10分2枚がほしいかなという感じです。 F2.8で換算すれば20分で、空がよければ30分というところでいい線いってるのではないでしょうか。 もちろん天体やCCD温度によっても変わってくるとは思いますが、スタンダードで考えるとそのくらいではないでしょうか。

投稿: TaNaKa | 2005/10/11 23:23

Tanakaさん、MIKさんは1Shot30分とおっしゃっていて、これを4枚コンポで来ると思います。
これは露出過剰となるのでしょうか?

LRGBとワンショットカラーについてはMIKさんのおっしゃる通りで、やっぱ所詮、我々はトーシローですから、メーカーの優れたカラー化のアルゴリズムにはかないません。
紅い星雲のLRGBは色がくすみやすく大変です。最近はPhotoShopを使うことで上手く処理されている方も多い様ですが・・。
赤や青はまだしも緑色(m27など)になると、もう手に負えないですね。
かといって純RGB合成でも案外、G,BのS/Nに足を引っ張られ自然にかつ美しく星雲を描写するのはなかなか至難の技です。

こういう点ではワンショットカラーが強い・・
改造デジカメが威力を発揮しているのは、画素数だけではなく、紅い星雲が綺麗に表現できる点にもあると思ってます。

最終的にはやはり使い分けになるのでしょうね。
散光星雲 >多画素単板カラー(一眼デジ他)
系外銀河 >高感度冷却CCDカメラ

投稿: uto | 2005/10/11 23:39

>Tanakaさん、MIKさんは1Shot30分とおっしゃっていて、これを4枚コンポで来ると思います。
ずばり正解です^^; でもやっぱり過剰露出かなー。十分SN比の高い画像をいくらコンポジットしても同じかってなるとそうでもないかもしれません。どうしてもホットピクセルが出るので、写野をちょっとずらして20分を6枚くらいSigma compositeすれば結構消えるんですよこれが、さらにCCD自体の感度のムラも結構キャンセルされそうな気がします。あくまで想像ですが・・・。

Utoさんが言われるように一般的な光学系では会社名を挙げてしまいますと
1)散光星雲 STL11000 IMG6303E(ABG) デジ1 SXVM25C
2)系外銀河 ST8XME or ST10XME NABG+AO7
3)ナローバンド IMG6303E(NABG)
がベストなんでしょうね

投稿: MIK(田舎) | 2005/10/12 01:09

口径30cm以下ならきっとそのようなカメラがランキングされると思います。 でも、40-50cmから上はまた違ったカメラが出てくるでしょうね。 たとえば口径2mで銀河撮影するんだったら3200チップよりも1001チップのほうがいいでしょうし。 そんなこといっても誰も2mの望遠鏡なんて家にないですけどね。

投稿: TaNaKa | 2005/10/12 08:15

光学系との組み合わせも判るのですが、
やはり鑑賞用写真として、プリントを考えた場合、先にTanakaさんが言われている様に、
1Mpixelでは画素数が足りないです。
かといって、HPに使うには、11Mは大きすぎでしょ?

結局は目的次第、なのですが、
鑑賞用を念頭に置いた場合は、まず画素数が来ると思っています。
逆に深宇宙を探訪する場合は何にも増して感度です。
IMG6303は現状、両方の用途に高次元でバランスが取れているカメラですねー。
すこーし前なら、ST8Eがそうだったのですが・・・。
今はデジカメが6Mありますからね・・。

投稿: uto | 2005/10/12 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SXVM25C よー働くやつですですけどね M45:

« 琢磨ー! 来年もがんばれ! | トップページ | 海のものとも山のものとも・・・ 無駄使い第8弾(7は秘密です) »