« 結構好きかもー NGC7635付近HαGB合成 | トップページ | 月夜でもやっぱオリオンはギンギンだぜ!! 昼夜逆転の巻 »

2005/10/20

ちょっと手直し NGC7635

NGC7635--35-RGB2-MIXDDP2どーしてもフル画像で縮小して圧縮するとつぶれちゃうんですよね。ただ少しRGBのときに赤を強調しすぎたので、DDPのパラメーターがいまいちでしたね。もう少しおとなしめでいってみました。このほうが自然ですかねー。中央部トリミングですが50%縮小です。何とか飽和せずにいけそうですね。

|

« 結構好きかもー NGC7635付近HαGB合成 | トップページ | 月夜でもやっぱオリオンはギンギンだぜ!! 昼夜逆転の巻 »

コメント

星雲の出し方は悩みますよね。 銀塩の延長程度にするか、それともやっぱりCCDならではの限界付近まで映し出すか。 CCDユーザからするお限界付近まで出したいのですが、いかんせん、あれだけ強烈に星雲を出すとコンサバな人はけっこう抵抗があるようで「凄い」というよりは「画像処理でしょ」って言ってきますからね。 淡い部分の存在を知っているのは撮影者のみという感じがします。 これをいかに説得するかが大きな課題でしょうか。

投稿: TaNaKa | 2005/10/20 22:29

どちらかというと、こちらの表現が好みですが、Tanakaさんもおっしゃっているように、下の写真の様にCCDならではの表現も捨てがたいんですよ。
つまり、ハイライトはもっと抑えつつ、淡い部分を出したい。
って、自分も出来てないんですけどね~
でもMIKさんならやってのけそう。
ひとつの策として、フォトショで、上と下の画像をレイヤーで合成、スクリーンあたりで合成して両方のいいとこどり、できませんかね~

※注 utoはフォトショップ使えてません。
か~な~り、いーかげんなこと言ってます(爆)


投稿: uto | 2005/10/20 22:41

あっしの考えとしては(あくまで私心ですからおーきな声ではいえませんがね)^^;、銀塩といってもポジで撮影されたもののみが本来の銀塩であって、スキャナーで取り込んで処理したものはそりゃデジタル画像って考えなんですよ。オリジナルデータがデジタルデバイスで撮られたか、アナログで撮られたかの差しかないんではないでしょうかね。CCDをオリジナルデータとして用いた場合には、アナログよりある意味では高感度なわけですから、結果はアナログから得られたデータをリファレンスにしないほうがいいんじゃないかなーって考えです。これが受け入れられるかどうかはわかりませんがねー。

投稿: MIK(田舎) | 2005/10/21 06:30

もちろん、その通りだと思います。
銀塩をリファレンスにしていては、せっかくのCCDの性能を発揮させることは出来ません。
しかし、私見ですが、
やはりCCDならではの画像を追求するにしても、例のハイライトの色潰れを初め、星の色、赤い星雲の色(くすんでいるのはやはり×)、等、やはり抑えるべき点は抑えておかなければダメだろうと思うわけです。

もっと単純に言っちゃえば、ボクのシュミじゃない(爆)ってだけで、この画像自体はとても素晴らしいものだと思いますよ。

投稿: uto | 2005/10/21 12:16

>星の色、赤い星雲の色(くすんでいるのはやはり×)、等、やはり抑えるべき点は抑えておかなければダメだろうと思うわけです。
そのとおりですね。その点からするとプロだから当然だといえばそれまでですが、CANONのDigicIIはやはりすごいと思いますね。うーん散光星雲はやっぱデジカメかなー

投稿: MIK(田舎) | 2005/10/21 13:24

そうですねー、DIGICはすげーと思います。
ってか、デジ亀の処理はどれも凄いと思います。
ハイライトも自然な雰囲気でとばしますしね、、、
ああいうのをCCD天体画像に応用できたらいいのにね。

スキャナーで取り込んだのはデジタル画像という考え、個人的には賛成できます。
上のことと関連していますが、雑誌に入選している作品でも赤の描写がヘンな写真が見受けられ、デジデジ感があります。
あと、バックを切り落としているのか、急速に紅い星雲が消えていくヤツとか・・・

生ポジやダイレクトプリントの作品の階調は素晴らしいですね。
雑誌の印刷からでさえ、素晴らしさが伺えます。
もっとも、空も相当暗いところに行かないとダメなんだろな。


投稿: uto | 2005/10/21 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと手直し NGC7635:

« 結構好きかもー NGC7635付近HαGB合成 | トップページ | 月夜でもやっぱオリオンはギンギンだぜ!! 昼夜逆転の巻 »