« うーん 今一歩 特注リングは必要だな  | トップページ | 全天最大の敵 現る!おうし座超新星残骸 こりゃー燃えるぜ! »

2005/10/07

抜群の透明度でしたねー M27ナロー合成

m27-STL-RGB-MIXDDP-PS夜半までは抜群の透明度でやんしたねー。抜群の透明度を生かして明け方放置プレーでおうし座の超新星残骸に再挑戦してしてたら、曇っちゃってました。起きたら雨が降る寸前 危ないとこだったぜ。昨晩はST10XME+AO7で狙う予定のM27だったんですがね、ガイド☆探しの回転装置をつけたらAO7からST10までケーブルが届かねージャン。仕方なしにSTLで撮像、ナローバンドフィルターに占領されてるのでHα、OIIIのみでまとめてみやした。解像度はいまいちですがねあっしは好きな発色ですね。TANAKAさんが言われるように、超新星残骸はHαとOIIIが一番自然な発色ですね。SXVで撮像したのとそんなに変わらん色合いですなー。明るい対象は広めのバンドパスフィルターなので短時間露出で絵になってくれるのでありがたいですなー。夜半過ぎ前にはようやく火星君にもお目にかかれました、眼視300倍でみる火星君は結構な迫力です。一寸見ない間に大きくなっちゃって!、ビデオ撮像もしましたがさあどうなることやら。今晩処理してみましょう。週末も天気悪そうで残念ですなー。LUMENERAの到着を首を長くして待ってるんですがね、結構ええ加減なJohn親父に催促セナいけませんなー
ムーロン300 ムーロンコレクタF9.0 STL1001E ASTRONOMIK Hα OIII 12nm 各5minX6 (Hα,OIII ,OIII合成)/Hercleus maunt/SDUF+Big balow+ST5C guided

|

« うーん 今一歩 特注リングは必要だな  | トップページ | 全天最大の敵 現る!おうし座超新星残骸 こりゃー燃えるぜ! »

コメント

やっぱHaOIIIOIIIがS/Nもいいし発色もいいし解像力もいうことなしですね。 ブロードバンドじゃあここまで写すにはかなりの露出時間を要しますからまだお持ちでないユーザにはお勧めのフィルタですよ。
妙に立体的に見えるのはコマのせいじゃなくやっぱS/Nの高さかなあ。

投稿: TaNaKa | 2005/10/07 14:02

輝線はバランスがバッチリとれるのですが、
恒星の発色は今一歩ですよね。
これにB画像を加えたらどちらも美味しいところどりが出来ないかなあ。

投稿: uto | 2005/10/07 17:05

ブロードバンドでここまで星雲を浮き上がらせようとすると恒星はハイライトでつぶれて星の色もままならなくなりますし、その分星も大きくなってしまうことから結局この撮影法はけっこう完成度の高いレベルにあると思いますよ。 ここまで星雲の存在感がある場合には周囲の恒星の色はさほど気になりません。

B画像をそのまま入れると星雲はオレンジ色にかわってVLT風の色になるでしょうね。 この星雲の色で恒星をナチュラルに表現するには、OIIIとBの明るいほうでコンポジットすればいいんでしょうけど、バックグラウンドが違うからそれもまたむずかしいでしょうね。 となるとBチャネル=B+kOIII or B+(k+1)OIIIとしてk=Bバンド幅÷OIIIバンド幅ってところかな。

投稿: TaNaKa | 2005/10/07 17:23

>ここまで星雲の存在感がある場合には周囲の恒星の色はさほど気になりません。

単に好みの問題なんですが、真っ先に目についたのが☆の不自然な赤橙だったので (^^;

星雲の表現としてはこれ以上のものはないと思いますが、観賞用としてはやはり星も重要だと思うんですよ。
Tanakaさんが提唱しているように上手くBを配合してやって合成するのが個人的には一番かなあ。

投稿: uto | 2005/10/07 19:44

>星雲の表現としてはこれ以上のものはないと思いますが、観賞用としてはやはり星も重要だと思うんですよ
そうですね。これが最大のテーマなんですよね。でも難しい。素直にBを撮像して、Hα、OIII,Bに逃げちゃうっていう手になっちゃうんですよね。

>Bチャネル=B+kOIII or B+(k+1)OIIIとしてk=Bバンド幅÷OIIIバンド幅ってところかな。
そういう方法もあるんですね。以前に吉澤隊長がHβを利用されてすばらしいM27を出しておられたんですが、Hβ線って利用できないんでしょうかねー

投稿: MIK(田舎) | 2005/10/07 21:54

吉澤隊長のは見事でしたね。
でもHβ自体はたいして光ってないと思います。M57は、10分露光しても、L画像10秒のと変わりませんでしたし、結局、元素が同じなので、Hαと構造は大きく変わらない様です。

やはりTanakaさんが言うように、
RGB=Hα,OⅢ,OⅢ+B(合成方法に要工夫)
ってのが一番じゃないかな。
さらにHα+R,OⅢ+Gとすれば完璧 ( ̄+ー ̄)
と、思って試してみたら余りうまくいかなかったんだな。

投稿: uto | 2005/10/08 00:17

画像処理も複雑にすればするほどうまく処理できなくなりますから、やっぱシンプルなほうがいいような気がします。 2色でカラー画像できるんですからこれ以上シンプルな撮影法はないでしょうね。 わたしはこれからHaOIIIBのスタイルでいきますんで、ヨロシク。

投稿: TaNaKa | 2005/10/08 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抜群の透明度でしたねー M27ナロー合成:

« うーん 今一歩 特注リングは必要だな  | トップページ | 全天最大の敵 現る!おうし座超新星残骸 こりゃー燃えるぜ! »