« オリオンが呼んでるゼー! 冬のお楽しみの巻 | トップページ | デススター予行演習 その1 ペリカンのうなじの巻 »

2005/09/29

ひさびさに長焦点は気持ちええは! M33

m33-L-RGBいやーええ天気が続きマンナー テストもはかどってありがたいですねー。久々に長焦点LRGBでやんす。やっぱ モニターに銀河がドカンとくるのは気持ちエエですな。今回はコレクタレンズの後ろに無理やりクリアフィルタを入れて光路をのばしてみやした。ちょっとコマは取れたかねー。やっぱ特注リングが必要ですな。電動フォーカス(副鏡移動方式)がちとroughなので、DF-2を主焦点側に装着しちゃいましょうかね。2800mmでテストしてるのはあくまーでデススターXのRC焦点のシュミレーションなんですよ。画角は丁度同じ、F値が9.2から7.0になるってことはさらにギンギン度が上がりますなー。2800mm+STL1001Eは30'程度の銀河には無敵の予感ですなーー
ムーロン300 ムーロンコレクタf9.2 STL1001E(-20℃) 10minX4/Hercleus maunt/SDUF+Big Balow/ST-5C guided

|

« オリオンが呼んでるゼー! 冬のお楽しみの巻 | トップページ | デススター予行演習 その1 ペリカンのうなじの巻 »

コメント

なるほど光路長をフィルタであわせたってわけですね。 でもそれだけでだいぶ改善するんですから、普通レデューサに比べたらかなりバックフォーカスがシビアだということがわかります。 まあF12の細い光線であれだけコマがでるDKですから、補正レンズだってちょっとした傾きで光線を曲げないといけないわけでバックフォーカスがシビアなのも仕方ないですね。 口径30cm超のカセグレインにはKAF1001Eがお似合いのようです。

投稿: TaNaKa | 2005/09/29 10:30

ちょっと裏技的なことやったのですが・・・、接続環きっちり作リたいんですがね、でも3万はちと高いなー。でもタカハシのレデューサーはすべてbackfocusはカメラマウント込みで56mmのようなのでSTL系にはすべて流用 !?出来るので十分元が取れそうですね

解像度的にはKAF1001Eはきついんですがね、F9だとL画像は時間的に80分くらいで十分そうですね。

投稿: MIK(田舎) | 2005/09/29 15:07

特注品だとどうしても高く付きますよね。 その代わり自分の好きなようなシステムが構築できるわけですからそのくらいの出費は・・・。 といいながら私もたくさんリング類を作ってけっこうな額になってて、恐ろしくて計算したくありません。 

30cmにはやはり24ミクロンはちょいとでかいですか。 40-50cmくらいからちょうどいいのかなあ。 65cmではちょうど良いかもう少し大きいピクセルがほしいと感じました。

投稿: TaNaKa | 2005/09/29 17:15

>30cmにはやはり24ミクロンはちょいとでかいですか。

そうっすねー。2000mmクラスで9ミクロンってすげーいいトコだと思ってます。
でもPharmさんのCN212カセ(F12)+ST10XMEも凄えの撮ってたからなあ・・。
ST10XMEでアストロ丼+青奈々でいんじゃない?
って、ウソウソ。長焦点+精細画素には来ないで下さい(爆)

投稿: uto | 2005/09/29 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさに長焦点は気持ちええは! M33:

« オリオンが呼んでるゼー! 冬のお楽しみの巻 | トップページ | デススター予行演習 その1 ペリカンのうなじの巻 »