« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/30

デススター予行演習 その1 ペリカンのうなじの巻

oerikan-ST-S2HAO3-DDP-PS旗艦ムーロン300 さっぱり対惑星破壊砲で威力を発揮しませんなー。天気が悪い上にシーイングも悪い ドーなっとるんじゃここは!一昨年の火星接近時のC14のビデオを見ているととても撮像しようなんて気は起こりませんな。お天気ねーさんの「山沿いでは大気が不安定になるでそしょう」なんてフレーズも納得のシーイングです(大爆)。絶好のシーイングを逃すなんて!記事で言われたってねー あっしはそんなにずっと望遠鏡のぞけるほどいい身分じゃありませんぜ。なわけでドーしてもお得意の放置プレーに走っちゃうんですな これが。デススターXでも狙ってみたい領域の予行演習ってわけなんですが、ペリカンちゃんのうなじです。SII,OIIIの撮像時に霧霧君の出現でちとSN比があがんなかったんですがね天頂越えでなんとか見られる画像に仕上がりました。F7だとこれより2/3程度の露出で済みそうですな。にしし。シーイングも期待できそうにないんでしばらくは、火星に向けては期待薄 こりゃー対惑星破壊砲企画倒れの予感!?頼むぜ 絶好のシーイング!
ムーロン300 ムーロンコレクタF9.0 STL1001E ASTRONOMIK SII,Hα,OIII12nm 10minX各5/Hercleus maunt/SDUF+Big balow+ST5C guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/29

ひさびさに長焦点は気持ちええは! M33

m33-L-RGBいやーええ天気が続きマンナー テストもはかどってありがたいですねー。久々に長焦点LRGBでやんす。やっぱ モニターに銀河がドカンとくるのは気持ちエエですな。今回はコレクタレンズの後ろに無理やりクリアフィルタを入れて光路をのばしてみやした。ちょっとコマは取れたかねー。やっぱ特注リングが必要ですな。電動フォーカス(副鏡移動方式)がちとroughなので、DF-2を主焦点側に装着しちゃいましょうかね。2800mmでテストしてるのはあくまーでデススターXのRC焦点のシュミレーションなんですよ。画角は丁度同じ、F値が9.2から7.0になるってことはさらにギンギン度が上がりますなー。2800mm+STL1001Eは30'程度の銀河には無敵の予感ですなーー
ムーロン300 ムーロンコレクタf9.2 STL1001E(-20℃) 10minX4/Hercleus maunt/SDUF+Big Balow/ST-5C guided

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/28

オリオンが呼んでるゼー! 冬のお楽しみの巻

orion-SDUF-SIGMA-ST-MIXDDP-えー 皆様お待たせいたしやした。昨晩お休み前に30分だけ ぎょしゃ座に続いてちょっと冬のさわりを撮像してみました。火星をビデオで撮りながら放置プレーしてたんですがね、処理してみてびっくら!今まで見たことないようなウネウネが三ツ星の下に・・・うーんたまらんちんな写りですなー。イヤガウエニモ盛り上がっちゃいますなー。たった30分でこの写りですからね、オリオン座全体をHαで埋め尽くして原型をとどめないようにギンギンに迫っちゃいたいですなー。計算したら24フレーム たった48時間で制覇できる計算です(あほかあんたは!)シーイングの悪くなるこの時期はぼーっとした火星よりも、あっしはやっぱりこっちが好きだなー
PENTAX100SDUFII IMG6303E(-35度だぜ) CSHα4.5nm 10minX3/NJP/e-finder+STV guided

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/09/27

ムーロン300 適応外使用中 IC1805中心部Hα

MEWLON-WARNING1805hastlsigmamixdpstうーん なシーイングが続いてますなー。なんてったって火星君南中時刻が2:55ですから、それまで旗艦としてのうのうとしてもらっちゃー困るってもんです。適応外使用ですがね、久々にSTL1001E出撃(やってもたー)。ようやく旗艦の主砲が火を噴いてくれましたぜ!前回注目のIC1805中心部でヤンス。ASTRONOMIK Hα-12nm なんで解像度はいまいちですがね、久々の長焦点はやっぱ気持ちええでんなー。STL1001E+F値9とくりゃ 露出は5分で十分です。まあガイドシステムとムーロンコレクタのテストなんで4枚だけですがね、結構イカシタ塩梅に仕上がりますな。こりゃ 12インチ砲は結構破壊力があるんで内科医!コマもこの辺なら目をつぶっちゃいましょう。C14の時に悩まされたミラーシフトも主鏡固定ですっきり解消です。ありがたやありがたや。シーイングが悪い日は適応外使用が正しいつかいかただったりして。ニシシ。
ムーロン300 ムーロンコレクタF9.0 STL1001E ASTRONOMIK Hα12nm 5minX4/Hercleus maunt/SDUF+Big balow+ST5C guided

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/09/26

IC1805中心部~wide field

IC1805RGCmozaic我が軍の旗艦ムーロン300出撃したんですがね、このシーイングはきついですなー。火星君もじぇんじぇん見えません。とほほ。結局はナーローバンド撮影が楽チンじゃなー。前回のIC1805中心部南側のイカシタ領域を撮像してモザイク合成してみやした。ちょっとバックがあってないんですがね、結構いけるでしょ。今回の火星接近は南中高度も高くていいんですがね、これからの時期好シーイングを逃すなっていったって、ASTRO丼放置プレーに馴れた体にはきついぜこれは。久々の反射+大口径は温度順応まで時間がかかって大変だー。屈折のよさをひしひしと感じた一晩でした。
PENTAX125SDP+RC0.72p/ SBIGST10XME /ASTRODON SII,Hα,OIII-6nm (80,60,120) 2frame mozaic/NJP maunt/FC60+ST-5C guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/25

旗艦ムーロン300 出撃開始 たまらんぜー!

kikanいやー ようやく嵐の中我が軍の旗艦ムーロン300実戦配備完了です。タカハシカラーの巨砲が頼もしいですなー ファーストライトはもちろん火星だったんですがね かぜびゅんびゅんで とても見られたもんじゃないっすよ。フォーカスが電動なのはありがテーです。LOBIN作のMEWLON300がっちりプレートも頼もしい限りです。付属の70mmX11倍ってドデカイファインダーがなかなかノスタルジックな佇まいでさすがタカハシって感じですなー。SDUF君も再びガイド鏡生活に戻ってがんばってくれるでしょう めでたしめでたし。台風一過で明日は火星君迎撃体制完了ですよ。USAより新兵器も来週には実戦配備完了しそうです。こりゃー秋はがっちり晴れてもラワンと減価償却するのも大変だぜ。kikan2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/23

ムーロン210 結構良く見えます いかがですか?

mewlon210ムーロン300の旗艦就任にてムーロン210のお嫁入り先を募集いたします。冷却CCDなんぞをつけるために、focus微動のねじのところにM4のねじ切りをしてシフトロック装置の真似事をしておりますので一応改造品です。実際の使用に際しては取っ払っていただいても支障はごじゃりません。明視野装置をお付けいたしますので、対惑星砲としてご活用くだされ。アリミゾ取り付け部分には傷がございます。鏡面等はとてもきれいです。おそらく7年ほど前にスタベから直販で買った記憶がございます。購入時は22万程度だったと思いますので11マソ程度ではいかがでしょう。CANPでそのままもって帰っていただけると当方としてはとってもありがたいです。ちなみに接眼部は31.7mmスリーブ(タカハシ純正)でございます。その横に見えるのは年代モンのMT200です。こちらもLivingのオブジェと化しておりますのでご入用の方があれば引き取っていただければ幸甚です。かなり重量がありますのでNJPもしくはアトラクス程度が必要かと思います。3mars0716new
ムーロン210での前回の火星大接近前の画像です。確かCOOLPIX5000で40枚程度コンポジットした画像だと思います。ご参考アレー

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/09/22

ビデオカメラより高性能っぽい LUMENERAってどーよ

Lumeneraastrovideoのサイトをぷらぷらしてたら、おもろそうなカメラ発見ー。SONYのExviewHADの1392X1040 で15fpsで8or12bit出力!こりゃSXV-H9とおんなじ低ノイズのあのCCDでんな。低照度でも高感度ってくりゃーこりゃ惑星にはうってつけで内科医!こんなにゃー画像数はいらないぜっていう声も聞こえてきそうですが、結構魅力的ですなー。MaxImDLでがっちりサポートってのも泣かせる話です。カラーバージョンとモノクロがあるようですが惑星にはやっぱカラーですかなー ネックは3130$!冷却CCDも真っ青なのりですなー。1/2インチサイズのは1515$でもタコカメの6倍だぜ。うーんドブ金になりかねんこの逸品 掛けてみるか、おとなしく3CCDでいくかうーん悩むぜ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/21

実はここも狙ってました^^; IC1396周辺

IC1396gousei2
♪画像がごろごろどんぐりこー サーバにたまってサー大変♪って なんてったて大変なんですよ。適当なfilenameつけてサーバーに放り込んでいたらどこの領域かわかんなくなっちゃいました。特にこれといって特徴のない隙間領域は余計です。FSQでここを正方形に切り取るように撮像してたんですがねー、残りが行方不明です^^; うーんこりゃ困ったぜ。IC1396周辺はことごとくTGさんに応募してボツッテマスカラね。こうなったらモザイクでもなんで意地でも通してやるなんて馬鹿なことやってましたなー。うーん暗い空急襲上陸艦に任命されたFSQ君にいまさらIMGをつけるわけにもいかんしなー。一枚一枚画像を開いてみてもお☆ばっかでいったいどこかわかりゃーしません。ちゃんとfilenameはつけて整理しましょうねー とほほー

TAKAHASHI FSQ106/IMG6303E -20℃ CSHα4.5nm 20minX6X3モザイク/NJP/STV-e-finder guided

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/20

網状星雲モザイク 白鳥座の西にも進軍ジャー

NGC6992-composite-PS満月なんでね 明るいとこじゃないと絵になりません ってわけで網状星雲の続きでやんす。白鳥の中心部はかたがつきそうなので今度は網状星雲まで進軍ジャー。どっかでめっけもんのHα領域でもないかなーって眺めておりヤス。そろそろこの悪天候を利用して旗艦「ムーロン300」出撃せにゃー。こうなってくると結構意地になって、また馬鹿なことをやり始めかねませんからなー。今日は仕事が終わってからムーロン300の鏡筒バンドに、シコシコガイド鏡装着用のDMMプレートを取り付けておりやした。うーんSDUF君SDUFIIのおかげでまたガイド鏡生活に逆戻りでやんすね。対惑星破壊砲に何でガイド鏡がいるんだってカー!? おおお約束忘れトリやしたなー。でも対惑星状星雲砲としても結構いけそうでっせ。AO/reducer-flattner/CFW10/ST10XMEでガッチリ接続で来ちゃいやしたぜ。いかんなーこれは。
PENTAX100SDUFII IMG6303E(-35度だぜ) CSHα4.5nm 10minX4X2 mozaic/EM200/STV-e-finder guided

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005/09/19

こりゃ結構楽じゃ IC1396中心部 6nmは3.5nmよりええでっせ

IC1396-sigma-MIXDP-PS3色合成を狙って撮像したIC1396なんですがね。満月もあっていまいちSN比があがんないんですが、露出時間からすれば結構良く写ります。10nmを越えるとSN比がいまいちあがらないし、4.5nmだとかなり露出時間が延びるんでASTRO丼の6nmは結構いいところついてマスナー。CS4.5nmに比較すると露出時間は1/2程度になる印象ですね。これだったらf4.9でもナロー3色合成のピッチも上がってきそうですな。ニシシ
PENTAX125SDP RC0.77 ST10XME(-15℃)/ASTRO丼 Hα6nm 10minX4/Hercleus maunt/FC60+ST-5c guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/18

ファインディングチャートでやんす

puropera プロペラ星雲のファインディングチャートでやんす。γ星の南でやんす。以前に探しまくって見つけられませんでした^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっと見つけたー プロペラ星雲

Cyg-minami今日はえっちらほっちら 白鳥座ギンギン部分のモザイクをやってるんですがね。空の条件が違うので一部取り直しをしなきゃいけない部分がありそうです。ふにゅー。もうデータの量も半端じゃなくて、さすがのDual CPUでもこりゃきついぜ。すでに30000X15000ピクセルで4500万画素に到達デース。早く完成させたいぜ。モザイクしてる最中に、以前に雑誌で見かけたプロペラ星雲発見ー。γ星のすぐそばだったんですな^^。こりゃー強拡大で迫ってみたいですねー。

100SDUFII IMG6303E CS Hα4.5nm 10minX6X3モザイク /EM200/e-finder+STV guided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/17

バブル星雲のよこのかに君 うーん満月でもきまっせの巻

ngc7635-kani-SIGMA-MIX-DDP-お月さん煌々とした月夜なんですがね。アストロ丼君はよー働くやつでっせ。今日もせっせとデータとりしてクレヤス。以前に広角画像でチェックしてたNGC7635のよこのかに君です。結構複雑なHα領域でいかしてますなー。USA親父いわくSII,OIIIも結構あるのでギンギンに迫ってみれーとのことですので今日はせっせと3色合成に挑んでます。でもOIIIが結構厳しい予感ですな。満月だとOIIIは厳しいの??なわけないか。ともあれやってみなきゃーわからんところがつらいとこなんですがね。よーくみているあなた、久しぶりにピンはずしてるの良くわかりますねー。SDPにはDF-2つけてないんでfocus LOCKをわすれてやした・・・まあ何とか見れる画像でしょお許しアレー

PENTAX125SDP RC0.77 ST10XME(-15℃ もう秋だぜ!)/ASTRO丼 Hα6nm 30minX4/Hercleus maunt/FC60+ST-5c guided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/16

ナロー三色合成を狙ったんですがね Hα-RGBに変更か・・ M52&NGC7635

NGC7635-sigma-ST-MIXDDP-PS満月なんてなんのそのー アストロ丼丼快進撃です。USA親父も太鼓判の満月をものともしない写りですな。今回はSN比を考えて30分露出でヤンス。薄ーい高層雲に結構邪魔されたんですがね放置プレーで対抗です。M52とNGC7635結構ええ画角でざんしょ。できりゃーHα-RGB合成でまとめてみたいですな。昨夜はちとほかにやることがあったのでHα-のみで終了です。NGC7635も長時間露出すると回りにすげー淡いHα-領域が広がっていてなかなかいい眺めです。やっぱナローバンドはやめられまへん。
PENTAX125SDP RC0.77 ST10XME(-15℃ もういい加減に冷えろよー!)/ASTRO丼 Hα6nm 30minX4/Hercleus maunt/FC60+ST-5c guided

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SXVM25C 復活 めでたしめでたしの巻

sxvm45いやー 胸をなでおろしました。focus画面で☆が現れた瞬間にはおもわず涙ぐんじゃいましたよ さすがのあっしも。先日いきなりfocus画面でなんだかうるうるした☆が現れたときには冷や汗たらーでしたからね。まあめちゃめちゃ湿度の高い夜だったんですが、いつもSRにほったらーにしてたのがいけなかったんでしょうね。ずーっと年中24時間冷暖房なんですがね(なんちゅう贅沢な連中じゃ)。
マニュアル読んだら、もし結露したら「本体を暖めろー(なんていわれても怖くてできやセン)」「シリカゲルの入ったタッパに入れて除湿しロー(そんなんで本当に大丈夫かいな?)」なんてとんでもないことが欄外に書いてあったのであせりましたぜ。今回の一件を見れば、Oリングその他から湿気が入り込む余地があるってことですな。しかしシリカゲル入れた容器で復活するってことは、starlightのCCDはchamber自体がかなり小さく作ってあって、しかも冷却は実はあまりしていないようにおもうんですけどね。じゃないとガスも充填せずに、いくら密閉された空間とはいえ除湿不要ってのがいまいち腑に落ちません。CCDもノイズの低いものしか使わないのもその辺が原因じゃないでしょうかね。うーんterry plattsに一度メールできいてみっかな。
まあSXV-M25C君復活記念 少し月が残った+うす雲空でしたがM45です。いつもながらFSQのシャープさは特筆モンですなー。MaxImDLの半値幅みて合わせると、DF-2使わなくてもちょいちょいでfocusくるのには驚きでやんす。ものの1分です。月夜なんでいまいちカラーバランスが悪いですがね、2枚画像なんで許してやってくだされ。いやーよかったよかった。けどIDASのIR-blockのみで輝星のまわりのへんなゴーストがちと気になるなー。つぎはいつものLPS-P2でいって見よー

TAKAHASHI FSQ106 SXV-M25C IDAS IRblock(入れ間違いました)/10minX2/Hercleus maount/FC60+ST5C guided フラットダーク減算なし

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2005/09/15

どーする 「アイフル」 撮像は計画的にの巻

cygnusTVコマーシャルじゃないですがね どーするって感じでやんすね。姑息にフォトコン狙いで撮像してしまったので・・・α星とγ星はようやく開通ー(パチパチ) 処理していないところを入れるとほぼ長方形にはNGC7000とγ☆部分は完成しそうな勢いですな。そういやーη☆付近のイカシタギンギン領域も撮ってたんだよなーって思い出しちゃモンだからmappingしてみやした。ほうほう あともう一寸ジャン。あと10枚 10時間程度で白鳥座のお腹から尾っぽの部分まで全通するんじゃねーの。この満月時期を利用して一気にPENTA_KAHASI SDUFIIでいっちゃうかー。火星も結構ギンギンしてきたのでムーロン300出撃もしたいぜ。今日は晴れてくれると信じたんですがね ドン曇でやんした。これじゃー 毎日ピーカン・光害ギンギン神戸の自宅で撮像したほうが早いんじゃないのー いい加減に晴れてくれよー 満月でもかまわないからさー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/14

「ご質問の件です」 PENTA_KAHASHI は最強の予感!の巻

takahashi-kaiten最近しょっちゅう来る迷惑メールのような題名です(大爆)。プロバイダメールアドはスパムの嵐です。自前のメールサーバはあんまり被害なし。これって明らかにOCNから個人情報漏れ漏れですな。OCNさんsecurityしっかりしてくださいな。昨日のお題に早速質問が参りやしたので画像をアップしときます。LOSMANDYの接眼部ガッチリリングでチト見えにくいですが我慢くだされ。接続はSDUFの接眼部M84にM84-M57変換リング(光映者)+M57-58(BORG このフィルターねじを使うひらめきが肝心です))+52/72ステップダウンリング+FS102用TAKAHASI回転装置+M72-2inchi(スタベ激安 なんと1980円 一家にひとつあっても苦労しません)+DF2-CFW-IMG6303Eですこれでスリーブ引き出し1mmでfocusきます。スリーブはロックしてDF-2の調節のみでもLRGB+ナローバンドすべてOKです。名づけて「PENTA_KAHASI SDUFII」ってとこです。なにがいいって?、focusずれなくグルグルIMGがまわります。構図も楽チン。スリーブ接続がないのでFLIの重機軍団もスケアリングエラーは皆無です。これは125SDPでもつかえる技です。もうこれで構図が・・・っていう悩みからも開放されますなー。あっしはもう一丁 回転装置とスタベ激安リングを発注しちゃいましたぜ。SCTにも重宝しそうな組み合わせです。お試しアーレ。今日も全天快晴から一転3時間でどん曇。ぐれちゃいそうです。あと3カットでムーロン300出撃開始なのになー。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/09/13

今度は霧かよー いやはや プッツン来そうです

ngc69221-sigma-MIXDP-STST-PSDUFIIにタカハシFS102用イカシタ・カメラ回転装置をねじ込んじゃえっってんで、接眼部もスリーブ駆逐しました。すべてねじ込み。しかもBORGリングとステップアップリングの流用で特注リングなしでフォーカスもギリギリOK(超財布にありがたい話です)。スケアリングエラーも皆無・周辺まで完璧な☆像になりやした(にしし)。PENTAXの鏡筒は67マウントにカメラ回転装置が付属してるっていうちょっとふざけた仕様ですからね。しかも横綱級IMG6303+DF2+CFW7じゃー かなり心もとない仕様でやんす。 そこはさすがタカハシ製 ぐるぐる回してもfocusもスケアリングもびくともしやせん。35mmまでならケラレもなさそうなので 125SDPにもねじ込んじゃえって勢いですな。これで画角も自由でモザイク冬の陣にも力が入ります。いちおうスケアリングとフォーカステストのみの予定でしたが、一寸モヤがっかった天気でもほいほい撮像し始めたら12時前からこんどは霧だよー 何とかしてクレー(ふにゅ)。昨日神戸の自宅から出勤するときに、西脇の手前の社町ってあたりで霧霧君出現してたのでいやな予感はしてたんですがね。やっぱ大きな川が近くにあるところは天体写真にはNGですな。ドーム建設予定地は高台で加古川から離れてるんで霧霧君の心配はないんですがね。うーん晴れ間が多くなったら今度は霧かよー いつも決まって24時前に透明度が悪くなってきたら出現です。23時まで煌々と水銀灯つけられて、そのうえ霧ジャー プッツンきますぜ。こりゃー ステップワゴン急襲揚陸艦の建造を急がないけませんなー。
100SDUFII IMG6303E(-35度だぜ) CSHα4.5nm 10minX4/EM200/STV-e-finder guided

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/09/12

逆転の発想 でもないか・・・ 思い込みはいけませんの巻 

STV_NEW最近はSTV-e-finderでガイドを済ませちゃうことが圧倒的に多いのですがね、以前は鏡筒の上にe-finderつけてたんですよね。USA親父から、「LOSMANDYのDMMplateならe-finderは逆向きでエエンデないの、そのほうがバランスもいいし、赤道儀への負担もすくないじゃろ」ってメールくれました。そうなんですなこれが。うーん常識だと思って結構馬鹿なことやってること多いんだろうなー 実際の生活でも。たまには我流でなくて人のやってることを見るのもいいかもしんないですね。minicampでじっくりかんさつしよーっと^^

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/11

Hα+RGB けっこうものになってきました NGC281

ngc281-LRG-NEW-UN2先日のNGC281にRGBのっけてみますた。6nmだと結構違和感なく仕上がりますなー。HαにもうちとRを乗っけてやると星の輝度も上がるんですがね。星雲のSN比をとるか、画像のナチュラル感をとるか応募する雑誌で判断する必要がありそうですなー(爆)あっしは星の飽和感が乏しいんですがこっちの画像のほうが好きなんですがね。星の色は結構いい塩梅で出るようになったのであとは輝度ですなー
PENTAX125SDP RC0.77 ST10XME(-15℃)/ASTRO丼 Hα6nm 20minX6 RGB(20,20,30)/Hercleus maunt/FC60+ST-5c guided


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/10

重機には補強が必要だー LOSMANDYは頼もしいやつでっせの巻

BARDER-connection大活躍のナローバンド君ハイパーなんですがね、FLIのCFW7+DF2+IMG6303Eの重量物を接眼部につけてるとどうしてもたわんじゃうんですな。BORGスリーブを使ってたので余計です。そんで登場するのが、バーダー社製の2インチスリーブでやんすよ。がっちり重量物もガードしてくれますのでありがたい話です。でも高緯度付近でアクロバティックな姿勢になるとたわんでくるんですなー、分けわからんガイドエラーを発生してくれちゃいます。そんでもって登場するのはLOSMANDYの鏡筒バンドリングです。75SDHFをガイド鏡に使っていたときのもんなんですがね。ええ塩梅でバーダー接眼部もこれでギンギンに補強できやした。さーこれで冬の散光星雲も一網打尽デー!エッヘン

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ASTRO丼ドン大活躍中ー いやーありがたい話です! IC59&63

IC59-SDP-LRGBASTRODON親父おすすめの「朝までぐっすり泣かせるパラフォーカル8枚セット」はタマリましぇんなー。なんてたってLでフォーカスあわせておきゃーあとは、晴れさえすりゃーぐるぐる回ってドンどん撮ってクレヤス。ありがたやありがたや。IC59+63 以前からちっとは気になっていた領域なんですがね、6nmじゃ結構写るじゃん!もやもやクンでテストのつもりであっしにとっちゃー短時間労働なんですがね。結構イカシタ領域ですなー。6nmなんで結構星の数も多くて、CS4.5nmほどHα+RGBでも違和感のない画像になります。こりゃー露出を今の3倍くらいかけりゃー(泥沼入り確定)ええ塩梅の画像になりそうでやんすね。憎き水銀灯ギンギンの時間はせっせとHα、23時を過ぎたらRGBってのはいかがなモンざんしょ。でもMaxImDL君は律儀に一枚ずつ回してくれるんですよねこれが・・・うーん 思い通りにはいきませんなー。でもこの125SDP+RC0.77+CFW10+ST10XME+ASTRO丼の組み合わせは非常ーに撮像の歩留まりがよろすい!(パチパチ) 撮像しているのも忘れてしまうのは非常にありがたいことです。旗艦出撃後はうーん赤道儀が塞がってデススターXまでドック入りか・・・うーんもったいねーぞー。週末は案の定・雨雨君みたいなんで、自宅に帰ってちょっと作戦練り直しだなー。
PENTAX125SDP RC0.77 ST10XME(-15℃ IMGにダブルスコアつけられちゃーいけません!)/ASTRO丼 Hα6nm 20minX4 RGB(20,20,30)/Hercleus maunt/FC60+ST-5c guided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/09

もうこんなのも狙える季節になりました。 冬も近いぜの巻

GYOSHA-HA-SIGMA-MIXDP-PSいやいや もうこんなシーズンですなー。明け方にはぎょしゃ座の五角形も空高く見えとりやす。先日の最後にチョックラ構図テストで薄明まで2枚ほど撮ってみました。おー やっぱり明るい領域はギンギンに来ますなー。かなり期待できる画像ですな^^. オリオン座付近が上ってくるころまでにはこの領域はカタをつけさせていただきやすぜ にしし。白鳥座についで全領域制覇を狙いたくなりますなー。
PENTAX100SDUFII IMG6303E (キター━━(゜∀゜)━━-35℃) CSHα 4.5nm 20minX2 /EM200 /STV-e-finder guided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/08

NGC7822,Ced214付近 フォトコン用には気合が必要だー!の巻

ngc7562-SIGMA-ST-MIXDP-PS2昨夜の抜群の透明度を利用して、ちょっと気合を入れてみました。ケフエス座の散光星雲でやんす。栃木ニコンがドック入りなんでねカラー三色合成はちときついと判断してHαのみでやんす。結構淡いくせに輝度差の激しいHα領域で、前回の撮像では淡い部分detailhがまったく出てませんでしたからね。長時間露出でSN比をあげる作戦に出やした。初の40分露出なんですがね、CSの4.5nmだとがっちりガードでやんすよ。左右二枚に分けてモザイクなんての考えたんですがね、この輝度差をモザイクするには5時間くらい真っ暗な透明度のいい空と、高度が必要でやんすね。出来はまずまず。「高輝度部から淡い部分まで階調良く表現されてます」なんてコメント添えて採用してくださいよー TGさん。カラーにしなきゃだめだって、そんなこといわんとおねげえしますだ。
PENTAX100SDUFII IMG6303E (キター━━(゜∀゜)━━-35℃) CSHα 4.5nm 40minX5 /EM200 /STV-e-finder guided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いやー 秋本番か!  やっぱ透明度が命だなの巻

ngc281-HA-MIX-DDPいやー 台風君も近畿地方には大きな被害も出さずに去って行ってくれて何よりです。結構風は強かったのですがね、久しぶりに当西脇最高の空に恵まれました。ここぞというときに雲が出で最後のところでちと心残りですがね。2時前までは白鳥座からカシオペアまで天の川の濃淡もはっきりくっきりいやーよろすいシーズン到来ですな。今日はいきなり撮像PCのグラフィックボードが接続されとらんなんていうアクシデントに見舞われて、ノートパソコンで撮像開始。勝手が違って手間取りやしたぜ。ちょっくら考えるところがあって NGC281をアストロ丼ぐるぐるフィルターセットでがっちり頂やした。あくまでHαがメインなんでRGBは後ほどに。やっぱ透明度のいい空は違いますなー。いつもハート型を通り越して見慣れんような写りようですなー。今日はデススターハイパー君もギンギンに撮像してくれたのでしばらくは処理に事欠きませんなー にしし。
PENTAX125SDP RC0.77 ST10XME/ASTRO丼 Hα6nm 20minX6/Hercleus maunt/FC60+ST-5c guided

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/09/06

☆ナビ、天ガさんおおきにー 10月号

M17-MAIM-RC-MADDP-2TG-NGC7380HARGBいつもお世話になります ☆ナビ、天ガさま M17とNGC7380でそれぞれ入選させていただきました。結果的にはあっしが期待していたのとはどちらも違うのが採用されたんですがね・・・・ まあおおきにーってとこですかね。☆ナビさんは2月号から9ヶ月連続で入選させていただきやして超ありがたい限りです。天ガさんも先月は見事に自信作を落選させていただきやしたが今月は何とか引っかかりました。最近はある程度の空の条件が入選条件になってきてますからね、光害地ではまともな方法では入選もオボツキまセンなー。やっぱナローバンドで奇襲・奇策を駆使するしか入選の道はないですなー。月に1度だけは土曜日に遠征して。フォトコン用のブローバンド写真を取りに行くってのもひとつの手ですなーー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

旗艦 「むーろん300」 座布団に鎮座中 

mewlon300_1mewlon300_2なんてったって我が軍の旗艦に就任したんですからね、まずは「ようこそ」「座敷にあがってゆっくりしていってください」ってとこですかね。C14もええ加減でかかったですがね、このムーロン300くんもカナリノもんです。ようやく治った腰をまた痛めそうな勢いです。主鏡周りのセル部分がワンタッチで取り外し可能で、温度順応もよさそうですなー。でもムーロン210と差し替えるにはちとでか過ぎました。イプシロン160から200の時の「相似形変身の術」は通用センなー。早いとSRに設置してしまいませう。対火星迎撃用のpanasonic 3CCDもMIZARのビデオプレートでまるで純正品のようにマッチしてしまうところがかなりシビレマス。こりゃータカハシで塗料を買っていっそのこと塗り替えちゃいましょうかねー。
それと構造的に重心が主鏡よりなんで、でっかい鏡筒用バランスウェイトが付属しておりやした。これってバランスとるのに便利なんだよなー ありがたやありがたや。フォーカスも電動なのが超うれしいですな。
でもあくまで対惑星砲ですから、しばらくはCCD装着禁止ってことでがんばってねー

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/09/05

ようやく仕留めました sh231

Sh-231-kanseiこいつにゃー散々てを焼かされたんですがね、ようやく仕留めることができやした。山間部なので北西から湧き出てくるくもくも君に邪魔されて4回目のトライでようやくゲットでやんすよ。でも思いのほか淡くて、内部構造を出そうとするとバックが荒れ荒れになっちゃうんでこまっておりやした。ようやく長時間露出で思うような画像に仕上がりました。でもFSQで300分の労働時間はちとつれーなー。透明度のいい空で撮ればこの半分ですむんでしょうけどね。本日嵐の中惑星破壊砲「ムーロン300」到着しました。まだデススター用のデータ撮りが1/3消化できていないので、しばらくは和室(ドック)に停泊中です、台風ちゃん早く通り過ぎてくれよー。3日くらい連荘で晴れてくれたら旗艦出撃開始なんですがね。

TAKAHASHI FSQ106 IMG6303E CSHα4.5nm 20minX15 /NJP/STV-e-finder guided

| | コメント (4) | トラックバック (0)

次のターゲットはこれだ! デススターXに向けて 

gamma-sdp-NISI-MIX-DP2-kans広角路線には向いてない天気なんでねー ってわけではないですがね。徐々に拡大路線開始でやんすよ。白鳥座もかなり高度が上がってきましたからね、γ星付近の結構イカシタ領域を次のターゲットに任命です。栃木ニコンがマウント改修中でショウワさんにドック入りなんで、ぶっつけ本番で台風一過にSII,OIIIを狙ってみようかと思っておりヤス。きっとトンガリ部分にSIIががっちりあると期待してるんですがね。ハズスと被害甚大なので賭けなんですがね。外れたらゴメンチャイ
PENTAX125SDP ST10XME ASTRO丼Hα6.0nm 20minX6/Hercleus maunt/FC60+ST5C guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/04

やっぱ 我流はだめでした^^;

S2-1805-sdp-sigma-RGB-NEWやっぱりバックがあれじゃーねー TANAKAさんの指摘どおりAuto equalizeのチェックがはずれてました^^; しかもフォトショでいじくりまわしたんで・・・ってわけで 再処理してみました。ギンギンではないですが以前よりずっとナチュラルな感じになりました。うーん やっぱ我流でやってると修正が効かないん・・・専門家の方がみればすぐわかるんですね。Thanksです。これならもっとSIIとOIIIの撮像時間を延ばすぞー(単純なやつ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ここはもっと攻めてみたいぜ! IC1805中心部

S2HAO3-1805-sdp-STR-MIXDDP-今日は一日休日急病センターの出務だったんですがね。雷なるわ、土砂降りの雨降るわで閑散としとりました。ついついボーっとネットしとると無駄使いを誘発しますなー^^; 先日から結構しつこく狙っているIC1805中心部のナローバンド三色合成です。結構労働時間長いんですがね・・ このf値じゃこの辺が限界ですかね。Hαでも示したこの南の部分が結構生かした領域ナンスよ。このあたりをSN比よく狙うにはもう少し広めのナローバンドフィルターのほうがいいかもですな。次回はここを久しぶりナローバンド君1号(SDP+STL1001E)で急襲でやんすよ。
PENTAX125SDP+RC0.72p/ SBIGST10XME /ASTRODON SII,Hα,OIII-6nm (80,60,120) Hercleus maunt/FC60+ST-5C guided

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/03

うーん 空がいまいち・・M31 やっぱ遠征が必要ですの巻

m31-LST10-CSXV-colaboぐるぐるASTRO丼フィルターで結構気合入れてとったんですがね、水蒸気が多くてちと生かした画像になりませんなー。2時間30分ほったらかしなんで文句は言えませんがね。最近はやはり高温多湿が影響するのか、抜けのよい空を日本の平地で期待するのは無理かもですな・・・。当地のような山間部では余計です。それなりに絵にはなるんですがね・・・。着々とステップワゴン君を遠征仕様に改造してるんですがね。発電機積んでいくような節操のない姿はやっぱ情けないですからね。こうなりゃーステップワゴンをさらにギンギンに改造しちゃいましょうかね。デルコなんてセコイこといわずに、USA ARMYにも採用されている大容量バッテリー/コンコルド258Aを4連装くらいで装着して、1晩位は自宅と同じくらいの電気容量を確保するってのもひとつの手ですな。
荷室にはPCも据え付けちゃって、NJP+FSQでガイド鏡も搭載して、昇降エレベーターつきでそのまま荷台から鏡筒が現れるってのもイカシタ姿かもー。 設営する手間もなく、到着して即撮像なんてのがありがたい姿ですなー。しばらくは台風でどーシヨウモなさそうだし、ちょっくら隣の自動車屋の親父にでも相談してみるかな。
PENTAX125SDP ST10XME/ASTRO丼 LRGB(80,20,20,30)/Hercleus maunt/FC60+ST-5C guided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/02

いただきー!SXV-H9テスト完了 こりゃ楽チンだの巻

SH9NGC7000-NBNPV-SXVH9
えー はじめますって デススターXのプライムモノクロ部門を担当いたしますSXV-H9ともうします。カラー一発取りはSXV-M25Cが担当するんですがね、1120mmの焦点距離でF2.8とくりゃー小ピクセルなら銀河の強拡大も狙えるってことで大抜擢されました。なんでもノイズがとっても少なくて、冷却ファンがないんでプライムにはぴったりだローと家主は申しております。とー 口上はこの辺にしてっと・・。UKからやってきたクールなやつ登場でやんすよ。先日のM33に引き続いて、今回はNBN-PVを装着してのノイズテストの結果でヤーンす。これがまたすぐレモンで、FSQ106の広い広い大ホールのようなイメージサークルのほんの中央しか使ってませんので、ダークもフラット補正もしてません。MaxImDLがっちりサポートもありがたい話です。あっしがやったのは、MaxImDLでいきなりSIGMAコンポジット、DDP、ストレッチのみです。処理の時間はわずか3分。超ありがたいですねー。フォトショップでトーンカーブ調整と、かーるくニートイメージかけてちょん。わずか10分ですねー。こりゃー SXVM25Cより断然早いぜ。労働時間の長いナーロバンド路線にどっぷりつかってる身にすりゃー温泉でのんびり静養してるようなもんです。先日のM33もLRGB含めて処理時間はしめて15分。ABGなんでブルーミング処理もカラムリペアもごじゃりません。明るい光学系でがんがんSN比をあげてやりゃ程よい画像が期待できますぜ。本当はST2000も考えたんですがね、USA親父といっしょじゃー芸がないってもんです。CFW-2+ASTRO丼パラフォーカルでぐるぐる回せばハイ出来上がり。こりゃUSA NAVYも真っ青な巡航ミサイルってのりですかね。ニシシ。M25Cは広角の散光星雲、H9は中型銀河群+ブルーミング領域って使い分けですかね。ここれであとはドーム完成を待つばかりだー 早く造成許可をおろしてくれよ お役所さん おねげえだ。
FSQ106 SXV-H9 NBN-PV+IRC(IDAS) 20minX3/Hercleus maunt /FC-60+ST5C guided

| | コメント (7) | トラックバック (0)

いやー ええあんばいです^^。 IC1805 SIIHαOIII合成

IC1385-S2HAO3-MIXDP-PS-kansもやっぽい天気でいまいちでしたがね、ナローバンド合成の隙間領域をせっせと撮像してました。ほとんど無駄に近いこの撮像は放置プレーで無いと出来ませんぜ。最後にようやく透明度も上がってIC1805の片割れのSIIをゲットでやんす。これで1ヶ月かかってようやくナロー3色合成の完成です。出来栄えはOIIIのSN比がもう一歩ってとこですかね。ナローバンドハイパー君でもこの労働時間が限界です。やれやれ。やっぱ4.5nmはHα-以外はちょっと厳しい今日この頃です。ASTRO丼の6nm 50mmパラフォーカルってのもあるんですがね、ナローLRGB+Cの8枚セットで3300$ってんですからちょっと二の足踏みますなー。無駄使いもぼろぼろやってるとしまいに座敷牢に入れられそうなんで自重してます。でもパラフォーカルがいいなー 6nmだと楽だろーなー^^
PENTAX100 SDUFII IMG6303E/CS4.5nm Hα-20minX4 SII 20minX8 OIII 20minX8 (しめて400min 何とかしてクレー)/ EM200/e-finder+STVguided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/01

久々にLRGBやってみました やっぱ解像度はこっちが上

Combine-M31L-ST-LRGB-PSグルグルLRGBしてましたM31です。LRGBそれぞれの露出、ビニング、枚数を入力しておけば後はほったらーにしておいてもガンガンとれちゃうところがありがたいですなー。本当は画角の端まで銀河が来る予定でしたがね・・・Lの露出がちと足りなかったですかね。でも結構いい写りじゃねーの!? なんだかんだ行ってもPENTAX125SDPはすぐレモンです。今回はすべてMaxImで仕上げて、フォトショップでトーンカーブ調整のみのお手軽LRGBでヤンス。カラーCCDと比較すればやはり解像度の点からすれば一日の長がありますなー。以前は結構手間カナーって思ってたLRGBですがMaxImDLであっさり仕上げればあんまり時間がかからないこと判明。まあブルーミングとカラムリペアの処理がちと面倒なだけですがね。このサイズでABGのチップって無いよなー。ナローには使わないなら、感度に目をつぶってABGの楽さは捨てがたいモンガありますな。

PENTAX125SDP 0.72p ST10XME/LPS-P2 ASTOR丼(utoさん命名)LRGB(60,10,10,10);CFW10/Hercleus maunts/FC60+ST5C guided

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »