« flashは難しい・・・年を感じます | トップページ | RCOSのoffaxis試作品 »

2005/07/11

対惑星状星雲砲かも

mokuseiGWにテスト撮像していた木星状星雲NGC3242です。ミューロン210は中心☆像はいいのでレデューサーなしSTL1001Eでの画像、中央部1/2トリミングです。全然期待していなかったので処理しておりやせんでした^^; 低空なのでかなりフォーカス甘いですが結構写ってるので驚かされます。DKは写野は稼げませんが惑星状星雲なら視直径も小さいので結構いけるかもーです。小ピクセル+AO7併用すれば輝度があるので解像度上がりそう。これは案外めっけもんかもしれやせん。ニシシ。
ミューロン210 STL1001E L1minX20 RGBbin2 1minX6/ NJP/ノータッチガイド

|

« flashは難しい・・・年を感じます | トップページ | RCOSのoffaxis試作品 »

コメント

おや、Mikさん、ミューロンもお持ちだったんですね。
対火星兵器はこれで決まりかな?
MIKさんの惑星用カメラが気になるなあ・・。
・庶民的にToucam
・クオリティでBJ-40L
ってところかな?
ス社でもっといいのあるかな?

BJはTanakaさんが綺麗なの撮っているんですよね、惑星。
金星の、UV,VISIBLE、IR三色分解画像の美しさは最高ですね。

投稿: uto | 2005/07/12 10:08

惑星状・・はまるとこれも綺麗なのが撮りきれないほどありますね。
なので、自分は、未着手です。

と、いいつつ、狙ってみたいのがありますが・・

投稿: uto | 2005/07/12 10:10

惑星はToUcamもあるのですが、カバーグラスのゴミがどーしても取りきれなくて、panasonic3CCDカメラを使ってDV録画してます。BJ-41Cでトライしたこともあるのですが、使いこなせませんでした。今年はC14亡き後はミューロンに頑張ってもらいましょう。

投稿: MIK(田舎) | 2005/07/12 14:10

シュミカセは補正板での色収差が若干あって青画像でややぼける傾向にありますから
やっぱりミラーオンリーのほうがいいですよね。
ましてや光軸狂いに強いDK鏡は最高だと思います。 もちニュートンもいいですけどね。
金星もそのうちまた撮影しなおします。

投稿: TaNaKa | 2005/07/12 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/4930547

この記事へのトラックバック一覧です: 対惑星状星雲砲かも:

« flashは難しい・・・年を感じます | トップページ | RCOSのoffaxis試作品 »