« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

無駄使い 第2弾 まだかわいいもんじゃね

kizai-muda2今年はお盆休みがペルセウス流星群の翌日から、しかも土曜日とキタヒニャー久しぶりに観測出来そうですな。我が家の窓から外を眺めてくれてるTGV君日ごろの働きに感謝して、CBC製の3.8mmf0.6ってーレンズを新調してやりました。対角107度ってんですから結構な広さでヤンスね。これでぺルセ群も一網打尽なんって考えてたんですがねー。蓄光しても流星には関係ないって!?かも知れませんなー。 でもUFOキャッチャーってソフトでは火球クラスではキャッチするようですから(おいおいい)、まあやってみなきゃーわからんてことで。DVcamera繋いでスカイメモにでも載せてまわしっぱなしにしておきましょうかね。でも8/12金曜日は休み前でめちゃくちゃ忙しいでしょうから、21時過ぎないと出撃できないよなー 峰山あたりまで行きたいんでヤンスがね。はやく暗い夜空でFSQ+on axis+SXVの実戦投入したいよー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/30

まとめて晴れてクレー M17Hα

M17-SDP-HA-RC77M17をHST風にギンギンに迫ってやろうとしたんですが、Hα-撮像したら曇っちゃいました とほほ-。すっきりとした晴れ間は9月までお預けカナー。ガイドは先日に引き続き好調。MaxImDLでほっといてもほいほい撮像してくれるので楽チンです ありがたやありがたや。ドームの建設予定地はちなみにピーカンでした。山沿いはやっぱり駄目ですわ。これじゃ予定の撮像プランも大幅変更を余儀なくされますなー
PENTAX125SDP RC77p ST10XME 20minX4 CSHα4.5nm /Hercleus maunt/FC60 ST5Cguided

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/29

秋の天の川もギンギンにいくぜー おー!

IC1805-12-gousei先日のIC1805中心部のつづきでやーんす。写野を回転させていたのを忘れてアーもったいねー。これは掛け軸ならぬ欄間用じゃなー。でもまあ何とかIC1805全景はつなぐことが出来やしたから一安心です~~; 白鳥座に続いて秋の天の川もギンギンでヤンスねー。でもデススターハイパー君 労働時間短縮委員会の勧告通りいい仕事してますなー。何とかNIKONマウントをぶっちぎってM57ねじ込みなんてのにすればスケアリングの問題も一気に解消するんですがね。これだとドンドン画素を増やして☆像を小さくしていかないとTGさんに載せてはもらえません。ここわキワモノIC1805全景Hα-OIII-S2合成なんていうとんでもないことをやらかしてみたくなりますなー。ここはUSA親父がAPODに取り上げられてましたが結構極彩色ですから見栄えがするデー いっちょこの秋はいってみるかー
でもこの対象1つに親父の総露出時間6時間てーのはスゲーなー (ビックリ)
栃木NIKON300 F2.0 IMG6303E CSHα-4.5nm 5minX8/ EM200/STV-e-finder guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/28

らせん状星雲 Hα 赤道儀はセッティングが命の巻

RASEN-SIGMA-昨夜は12時過ぎより快晴になったのでスクランブル発進。もうなんとこんな対象も狙える季節になりました(おいおい)。やっぱガイド精度が命ですなー。先日から薄雲のかかる天候が続いておりやしたので、ヘラクレス君のバランス調整と極軸追い込みを徹底的にやったおかげですんばらしいガイド精度でやした。800mm直焦点ですが、ガイドエラーが常に0.05以下の状態でやんした。赤道儀はセッティングがすべてってのがヨーク分かりましたな。下弦の月があったのですが20分露出で直焦点トライです。中央部トリミングですがエー写りですなー。ダーク減算がいまいちなのは、新しいPCを設置した影響ですな。さらに露出時間アップしてーなー。OIIIは次回撮像して以前にTANAKAさんが投稿されていた二番煎じを狙っておりやす~~;。
PENTAX125SDP 直焦点 CSHα-4.5nm 20minX4 /Helcures mount/FC60+ST5c guided

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/27

無駄使い 第一弾 うーんやってもた

PENTAX-XO5昨晩も寝る前に外を見たら雲が晴れてお月さんがでておりやした。その横にはやけに明るくなった火星君が・・。前回の大接近の時にはずーっと曇りでろくに観望も撮像もできやせんでしたので今年こそは!てなわけでは無いですがね。先日月を眺めているときに、撮像もいいけどやっぱ眼視だよなーって思って衝動買いしてしやいやした PENTAX XO5です。そういやーろくなアイピースもって無かったよなー だってアメリカンサイズのアイピースは双眼装置のおまけのプロセルと拡大撮影用のLEぐらいでしたからね。今日も夕方からうす雲で撮像も出来んしトホホでやンスね。でも薄曇程度なら観望はできるもんね。こう天気が悪けりゃー 第二弾は時間の問題だなー。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005/07/26

IC1805拡大 with SDP 

IC1805SDP2-ST10先日のデススターハイパーと同時に撮像したIC1805の先端部、125SDP直焦点でのテストです。f6.4ではST10のピクセルサイズでは無理がありますなー。やっぱりレデューサーかまさんときついです。満月だってこともあるですがね。SN比の低い画像はいくら頑張ってもNGですな。明日からはつきも細くなって、晴れ間が続きそうなのでちと気合入れてがんばらなあきません。すきっとした晴れ間を期待してまっせー
PENTAX125SDP ST10XME CS4.5Hα 10minX6/Helcreus maunt/FC60+ST5C guided

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/25

また掛け軸でも作ろうか?撮像は計画的に・・の巻

M1617-comp3先日からSDUFII+IMG6303Eのスケアリングが合わないのだなんのって調整しながらテスト撮影してました。気がついたら結構数撮ってたのでひさびさ掛け軸バージョン作成でやんす・・・。てのは言い訳で、あちこち接眼部をくっつけたり、DF2のねじを締めなおしたりしてたら微妙に写野が回転しておりやして、間抜けな画像を大量作成してしまいこんなみっともない姿になってしまいました。微妙に隙間が開いてるんでM20やM8までどーしてもつながりやせん。来年の春にはきっちりこの領域をまた9面モザイクなんぞやで馬鹿なことをやらかしてみたくなりましたなー。高緯度とは違って赤道付近はやっぱ、アイフルよろしく「計画的に」いかないけませんなー。なんとかあと4面は繋ぎたいー
でも月夜でも光害があっても一応坊主は免れるのは、ナローバンドさまさまでやンスね。

PENTAX100SDUFII IMG6303E CS Hα4.5nm 10minX6X3mosaic/EM200+STV e-finder guided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

期待が持てますぜ NBN-PV+SXVM25C

M20NBNPV-test
先日メーテルさんの掲示板に、NBN-PV+EOSデジ改のええ感じの画像がアップされておりやしたので、二番煎じですがちょっと試してみやした。ほほーこりゃーなかなかエーんじゃないの フィルター二枚重ねでもゴーストも出んし。先日のLPS-P2の画像と比べても光害地ではかなり戦闘能力がありますなー。今日は薄明直後は透明度はよかったのですが、近所の小学校で野球の夜間練習なんぞをやってくれるんで、2等星も見えないような状況でヤンしたからね。(お子ちゃまは炎天下で練習してナンぼ。日が暮れてからのんびり練習しているよーじゃー強くなれませんぜ。まあ自分んの子がそんな甘ったれたこと言った日にゃー 百叩きの刑ですぜ。) こりゃー月のない夜にジックリSXV+NBN-PVで迫ってみたいですなー。これって結構デススターXのプライムなんぞにゃーピッタリじゃないかい!? ニシシ
PENTAX 125SDP RC0.72p SXV-M25C NBN-PV+IDAS IR block/10min+15min/Helcreusmount/FC60+ST5C guided

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/07/24

出たな怪物 Deathstar Superior !  IC1805

IC1805-AS-p-MAX10時過ぎから急速に快晴になってくれ、満月なんか何のソノー! くもくも君出現に備えて「ナローバンド労度時間改善委員会(仮)」お勧めのdeathstar superiorの登場でやンス。FLI直送のNIKONマウントでがっちり装着。結果はF2.0の脅威か-。スケアリングがニコンマウントの悲しさか・・めちゃですが・・・。 まあ考えてみりゃー15cmF2の屈折望遠鏡でやンスからねー。満月近くもなんのその 明るいIC1805なら3minX5でこの写りです。ダーク補正もフラット補正もあくまでテストですからやってません(サボり)。それにしても写る写る驚異的でっせー ちと大き目のエリアは無敵の予感ですなー。解像度の足りないのは迫力でカバーだー
そもそも天文用にしか価値の無いレンズですから NIKONマウント ばらしてスケアリング調整できるように改造しちゃいましょうかね どこかやってくれるとこありませんかねー TGにに載ってたようにこのさいSHOWAさんにお任せってノーもいいかもしれやせん。

栃木ニコン300 F2.0(開放) IMG6303E 3minX5/EM200/STV+e-finder guided(ノータッチでもいけるんじゃないかー)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005/07/22

FSQ+SXVM25C 第2弾

NGC7000-FSQどーなっとるんでしょうねー、ひどい天気です。昼間むしむし、夜は大量の水蒸気でトホホでやンス。先日撮像したFSQ+SXVM25Cの第2弾です。薄雲通過と1枚撮りでしたので処理していませんでしたが、これが結構いい感じです。中央部に色カブリしてるのは薄雲通過の際のカブリかなー。SDPよりも☆像は一枚上かなーヤッパリ。明るい星雲なら暗い夜空とで最高のコンビですな。ほんと山沿いの当地では6-8月はまともに撮像できませんなこりゃ。ステップワゴンも着々と遠征仕様に変身しております。今年の夏はFSQ+SXVで絶対遠征するぞー。
TAKAHASHI FSQ106+SXVM25C LPS-P2 30minX1 ダークフラット補正なし STV+e-finder/ありし日のNJP guided(早く帰ってきてクデー)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/21

最小のガイドシステムじゃなこれは

SXVON-axisずーっとドン曇のため午後からの休みも結局は夕方まで仕事ー ちと機材の整理をしようかと思ってごそごそしとりやしたら、SXV-guiderなるものをみつけやした(おいおい)。結局忘れた頃にやってきて、SDPではバックフォーカスの余裕からSTVでシステムが完成しちゃって出番がありませんでした。FSQでon axisしようとすると結構バックフォーカスがtight!STVだとガイド側のスリーブを短くしないといけないので光映舎さんにorderしたのですが、SXV-guiderなら31.7mmスリーブにすっこり収まっっちゃいます。おーええ感じですなー。オートガイダー端子もRJ-11をつなぎ換えりゃーなんとかなるだろーってんで一度テストしてみたいですなー(晴れてくれよ 薄雲あってもいいからサー)。優秀なMaxImDL君はほいほい認識してくれてあとは夜空に向けりゃーテストできるんですがね。ただこのガイドチップ、冷却してないので(To-Ucamなんかと比べちゃかわいそうですが)けっこう明るい星しか使えないみたいでやンスね(8等星くらい)。ここにもSONYCHIPを使っているのはスターライトのこだわりを感じます。ただon axisだとガイド側には8%しか光が届きませんから、口径2cmでF27の望遠鏡だからね 結構きついかも。STVなしでPC一台でガイド、撮像、自動導入ってくりゃー 大いにありがたいですなー。でもこうやって考えるとSBIGのセルフガイドチップってーのは遠征するにはちょーありがたいってことになりますな^^。あれこれ苦労するより「35mmSTL11000CM一発カラー 今なら全世界で即納状態です!」っていうKKさんからのお誘いにぐらっときそうになりますなー あんまり売れてなさそうなのは値段でなくて性能のような気がするのはあちきだけでしょうかねー(ただいま米国特価7995$ EOS1-DsMKIIよりとうとう安くなりました^^ でもお公家さんでは 17000$ どひゃー こりゃまいった)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

満月+薄雲 こりゃーどーにもならん

moon20050722うーん 前回の火星大接近の時から夏はまったくあきません。山沿いの当地はずーっと薄雲べったり。そういやー昨年の猛暑の年も一昨年の火星のときも8月はまともに晴れた日はござりませんなー。以前は夏は結構晴れてたような記憶があるんですがねー。てな訳で満月でも撮るかってとこでCOOLPIXからEOS20Daにステップアップしました。考えてみりゃー天文始めてからあんまり満月なんて見たことなかったよなー。しばらく観望してました^^
PENTAX125SDP RC1.4X EOS20Da 1/500/Hercleus mount

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/20

Sh2-129って結構 鬼門だー

Sh2-129-SDUFII先日もFSQでチャレンジしたSH2-129です。SDUFIIのスケアリング問題もクリアできそうなので再トライ。うーんまだ水蒸気が多くて、満月にも阻まれますなー、結構この領域大きいみたいで北側にまだまだ淡いHα-領域が広がっていますなー。3時間露出をもくろんでいたのに、くもくも君でアウト。すきっとした夏空はいつ拝めることやら・・・ストレスフルだなー
PENTAX100SDUFII IMG6303E CSHα-4.5nm 20minX3 /EM200/STV+e-finderguided

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/07/19

NGC7380カラー Hα+R,GB合成

NGC7380HA-SXV2Hα+RをRにおいてRGB合成でまとめてみました。CFW-2のおかげ、8枚がけフィルターフォイールはありがたいです。結果は・・・うーん飽くまで擬似カラーですがSXVの色目にはまったくかないませんなー。星雲がピンクになっちゃうのもNGですなー。恒星の色を出そうとするとますます星雲の色が変になる!? このmethodの確立には時間がかかりそうです。ようやく梅雨明けしてくれたのですが、当地西脇は集中豪雨だったようでヤンス。神戸は一時すごい積乱雲でしたが雨はふりやせんでした。いまいち水蒸気が多い状態が続きそうですな。
125SDP 直焦点 ST10XME CSHα-4.5nm 20minX6 RGB5minX各3 Hercleus mount/FC60 ST-5C guided.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/07/18

お月って極めればおもろいかも

moon20050714_3連休に入ったとたんに夏かぜか咽頭痛が強くて、自宅静養中。症状はかなり改善したんですがねー 。先日TGに乗っていたコリメート法を使ってのお月です。周辺像がいまいちなのでアイピースとカメラレンズの距離を調整しなきゃいけませんな。白飛びはRAW保存しておけばかなり改善されそうです。雑誌でも紹介されていたBSS(best shot selection)は便利ですなー、シャッター押しっぱなしで10枚とったらそのうちのベストショットを保存してくれるモードです。今の時代は昔と違って天体写真の敷居も低くなりましたなー。簡単デジカメと望遠鏡あれば月なら小学生でも楽勝ですな。これなら天文に興味を持つ子供も増えてもいいはずなんですけどねー。

PENTAX125SDP takahasiLE7.5mm coolpix5000 オートフォーカス・1/15 BSSモード

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/07/17

M52付近のHα- SDUFIIテスト

NGC7635-sigmaDDP-RENGOU-ff急遽組み上げたEM200+SDUFIIのテスト画像でヤンス。以前に横位置でST10で撮像してみてバブル星雲の南には結構奇妙な形のHα-領域がありそうな感じがしてたんですがね。名前を調べてみてもでてこないのでトカゲ座に続いて無名の散光星雲か?この辺にはメジャーな領域のそばにも結構いろいろありますなー。画像に関してはSDUFII-DF2の接続でちとスケアリングがズレとりやす。画角左上に星が伸びちゃってますねー。2インチスリーブの固定が悪かったようですね。M57-DF2 2インチねじに直結して、カメラ回転をあきらめたほうがよろすいようで・・・ でもSDUFIIのF4は捨てがたいでヤンスね、F5よりもぐぐっと露出時間が短縮できやすなー
ナローにはFSQよりやっぱSDUFIIのほうが上だなーって実感しやした。

PENTAX100SDUFII IMG6303E CS Hα-4.5nm 10minX4/ EM200/e-finder STV guided

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/16

Narrow主力艦隊出撃開始! NGC7380 UP編

NGC7380HA-MIXDDP-ASOOI_filt昨夜も23時過ぎから急速に雲が晴れたので、ナローバンド主力艦隊出撃でヤーンス。昨日のNGC7380付近を今度は125SDP+ST10XMEで迎撃です。やっぱ直焦点f6.4はきついなー。水蒸気の多いもやがっかった空にも阻まれて厳しいですが何とか絵になりやした。この領域にはカラーでもUPしたように中心部にはOIIIなんぞやが潜んでいるような感じがして、ナロー3色合成でいきたいんですがねー 正直このf値では苦しいですなー。ここは方針変換して、レッドコンティニュアムフィルター減算で西側の淡い領域までギンギンにせまって見たいもんです。SDUFIIhyper君はなぜかスケアリングエラーがでて隅っこの星がいびつになるんで再調整しなきゃいかんですなー。うーん今晩からまた曇りの予想、いまいち乗りきれんですなー。あと一歩だ早く梅雨明けしてクレー

125SDP 直焦点 ST10XME CSHα-4.5nm 20minX6(-15℃_なんとかしてくれSBIGさんよー) Hercleus mount/FC60 ST-5C guided.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/15

梅雨明け間近だー! 撮像開始NGC7380付近

ngc7380ようやく待ちに待った梅雨明けってーことで。トップバッターはNGC7380周辺でヤンス。SXVにはちと荷が重いかと思ったんですがね。結構写りやす。AM1時前にくもくも君がお決まりのパターンで発生して終了ー。もう少し露出をかけたかったのですがね。最後の長時間カットがいまいち撮り切れませんでした(まあダーク不要のSXVなら雲が出たところまででもデータになるのはありがてーとこです^^)本当はナロー部隊出撃予定でしたが、移設EM200の極軸出しと、デススターhyperIIの試験運転で放置プレーできるSXVを選びました。周りの輝星でST10 LRGBではブルーミングバリバリでしょうからね。今晩晴れたらST10+ナローバンドででビシッと決めたいですなー。さー待ちに待った梅雨明け、月夜もなんのそのガンガン全開で撮像するぞー ウヒ
125SDP+RC0.77p SXVM25C 30minX2+55minX1/LPS-P2/Hercleus mount/FC60/ST-5c guided

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Death Star Dome(仮称) 候補地決定

eiseiおよよ、もう7月も14日ということでDeath Star Dome(仮称)の建設予定地がほぼ決定いたしました。昨日は午後から33度の猛暑の中現状の下見に行ってまいりやした。まあ色々あったわけですが、1)自宅から遠く離れた場所では移動が大変=稼働率が下がる=「できれば30分以内」。
2)この天気の悪い(今晩も途中で曇っちゃいましたー)西脇よりもせめて3割は晴れてほしい&途中で曇らない=西脇より南=北部は雪まで降る。
3)光ファイバーはともかくせめてADSLには開通しておいていただきたい=遠隔操作のためにね
4)標高がある程度あって透明度を重視。少々の光害は兵庫県では当地より南では避けられない。
ってーことで じゃじゃん 候補地はここより車で20分の東条湖ってーいう人造湖のほとり。標高約250Mの高台に決定。一応ADSLフレッツモアちゃんも開通しているし、電気・水道が来ているのがありがたい(電柱一本50万・こりゃ高すぎますぜ)。晴れれば淡路島まで一望できます。まあ言い換えれば南は神戸・明石、東は三田の光害がありますが、周囲15Kmは一面ずーっと不良債権ゴルフ場ってーのがありがたいです。なんてったって日本一のゴルフ場銀座で三大銀行グループの「不良債権見本市」みたいなところでやンスからね。我が家の不良債権にならんように、せっせと撮像セナいけませんなー これは。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/14

梅雨明け間近なのに・・・これは痛い

SDUF2FLI今夜は晴れそーですなー ニシシ。とおもっておりやしたらなんとフリゲート艦NJPが故障。コントローラーボタンをおしても赤緯がウンともスンともいいやせん。コントローラーを入れ替えてもダメ。PCからは自動導入させると赤緯も動くんですがねー??てな訳で昨日スタベ名古屋店に電話したら寄居送りになっちゃいました。急遽遠征出撃準備完了していたEM200をステップワゴンからSRに移設。NJPの重いこと重いこと・・・腰痛でそうだす^^;。結局は月も大きくなってくるんでナローバンド君hyperIIの出番となりやした。うーんこれは痛い。こうなったらまたナローバンド究極モザイク作戦しかありませんなー。あれからずーっと望遠鏡専門店への電話をガンマンしておりやしたが、あくまーで修理依頼ってことで電話してしまいました。
そこでとんでもない会話が・・(ここだけの秘密です)
staff  「NJPの件は寄居に電話してみますのでちょっと待ってくださいね」
あちき 「寄居に電話されるんですかー TOA150ってすげーバックオーダーなんでしょー 納期ってすごいんでしょうねー」
staff  「^^ついでに聞いてみますね!そんなにはないでしょ 大丈夫ですよ」
あちき 「うひょ・・・・これはひょっとして^^」
staff  「NJPはやっぱり修理ですねー。直送してください。TOA150 今なら早くて7月末か来月中には確実にOKですよ。^^ (ドンと行きましょう)」
あちき 「^^/おー よくよく考えて返事します^^ (ニシシ 連続万馬券だからなー)」
こりゃーNJP故障したのが運のつきかなーー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/13

あらら 夏のデジカメに死角ありや

M31-gousei-DDP
午前0時に急速に快晴になったので撮像開始。曇るのは予想できてたのでEOS20DaとSXV-M25Cで撮像しやした。昨夜は当地も気温24度(蒸し暑いよー)。先日まで快調なのりだったEOS20Daくん あららノイズが増えとりやすなー。4分露出を3枚合成しやしたが前回の気温15度と比較して明らかにノイズが多い。RAPやんぞやで減算すりゃいいでしょうが・・・それならデジカメ使う意味ないもんねー(わざわざそんな手間かけてまでデジカメ使いたくはありやせんな あっしは)こりゃー真夏はデジカメに死角ありとみやした^^/ 参考に出してるのは同時に撮像したSXV-M25C10分1枚撮りでやンス。バックのざらざら感がまったくちがいやす。夏こそ冷却!CCDの出番ですなー 冬は雑誌をにぎわせてたデジカメ君。最近どーも見かけんと思ったら冬眠ならぬ夏眠中のようですな。カニじゃあるまいし冬季限定なんてのもちとつらい話でやンスね。やっぱビールと一緒で夏はCCDもキューっと冷えてなんぼですなー。ごっくん!C-M31600

EFL200+RC1.4X F2.8.に絞る EOS20Da 4minX3 LPSP2+superproL41 ダーク減算・フラット補正なし
栃木ニコン300 T2.2(2.8) SXV-M25C 10minX1 LPSP2+superproL41 ダーク減算・フラット補正なし
ヘラクレスマウント/e-finder+ST5C guided


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005/07/12

RCOSのoffaxis試作品

rcos_offAXIS通販会社の会社訪問って記事でRCOSのoff axisの試作品が公開されてました。focusのところにはBORGの直進ヘリコイド?が左右についてやす。ふーんRCOSユーザーもセルフガイドを捨ててもほかのCCD使っちゃいたい方がおられるようですね。USA親父も以前はビームスプリッターを使ってAOはガイドのみでFLIを使っていた記憶が・・・。こうなってくると「夏にはきっと発売する」と社長さんが断言していたBIG AOXを早く出さないとさらにユーザーが流出するかもしれませんなー。草場の陰で応援しておりやす。ちなみにデススターXのRC焦点は現在のところSTL1001EとST10XE+AO7を予定しておりやす。IMG6303Eはもちろんprimeで使用させていただきやす。ニシシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/11

対惑星状星雲砲かも

mokuseiGWにテスト撮像していた木星状星雲NGC3242です。ミューロン210は中心☆像はいいのでレデューサーなしSTL1001Eでの画像、中央部1/2トリミングです。全然期待していなかったので処理しておりやせんでした^^; 低空なのでかなりフォーカス甘いですが結構写ってるので驚かされます。DKは写野は稼げませんが惑星状星雲なら視直径も小さいので結構いけるかもーです。小ピクセル+AO7併用すれば輝度があるので解像度上がりそう。これは案外めっけもんかもしれやせん。ニシシ。
ミューロン210 STL1001E L1minX20 RGBbin2 1minX6/ NJP/ノータッチガイド

| | コメント (4) | トラックバック (0)

flashは難しい・・・年を感じます

newweb今週もまた曇りの予想なんで、ちと頑張ってHPをリニューアルしようなんかと変な気起こしたがために泥沼にはまっておりやす。どっちにしろ作るんならオールflashでビシッと決めたい!なんて年甲斐も無く初めてトホホでやんす。無い知恵をしぼってやってますが遅々として進まん・・・ flashもMX2004になってaction scriptの書き方が??なあっしにとってはこれは診療してるよりストレスですな。いっそのこと○○クリエータースクールなんかに通いたい雰囲気でやンス。まあデススターが来る頃には完成させたいですなー

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/07/09

EOS20Daのお気楽撮影法 EFL200編

M16ほんと晴れないのでいやんなりますなー。丁度20Daの話がでたので先日のM8/20に続いてM16/17付近です。南の光害バリバリ(にっくきマックスバリューのおかげ)ですが、LPS-P2入れて撮像するとこの程度写ります。今回はテレコンなしのEF200f1.8(2.0に絞る)での画像です。わずか6分でこの写りですからEOS 20Daのすごさが分かります。ほんと暗い空でバンバン撮ればそりゃーすごい画像になるんでしょなー(ふにゅ)。CANONの技術力にはホント脱帽でやンスね。今回もダーク減算はもちろんなしで、ホットピクセル除去+加算平均のみです。SXV-M25CではなかなかこんなDigicIIのような画像にはなりましぇン。元画像は絶対もっといいはずなのにねー。誰かSXVのカラー一発完全変換ソフトを作ってくれませんかね。NIKONやPENTAXに採用されているCCDなのでDigicIIまではいかなくても何とかならんのかなー。
CANON EF200f1.8(2.0) EOS20Da LPS-P2 2分X3/EM10/ノータッチガイド。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/07/08

一瞬の晴れ間 やや!FSQ+SXV最強コンビ出現

NGC281-FSQ昨日は午後に猛烈な突風とともに、大量の雹まで降ってきてビックリしやした。時間雨量70mmの集中豪雨にはおよよでヤンスね。あんなのが数時間続けばそりゃ災害になりますなー。雨上がりの一瞬の晴れ間を縫ってFSQ+SXVM25Cのテスト撮影です。SXVM25Cにお勧めの鏡筒ってーいえばこれでザンショ。製作者のterry plattも愛用の組み合わせがようやく実現です。今回はon-axisのテストが出来なかったのでガイド鏡併用でヤンス。本当は2枚はほしかったんですがね曇っちゃいました。でも30分1枚露出でLPS-P2いれてもいい色合いですなー。星の色がしっかりでてるのには結構ニシシです。on-axisがうまくいけば筒1本でSXV-guiderつけてお手軽遠征も可能ですからねー。STV持っていかなくていいのがちょーありがたいです。でもほんとカラーって楽ですなー 1枚でも一応ボウズはまぬがれるのがうれしい限りです。今年の秋はこのシステムで飛び切り暗いところに一度は遠征したいなー。

FSQ106 SXVM25C LPS-P2 30minX1 ダークフラット補正なし/EM200+FC60/+ST5Cguided

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/07/07

天文ガイド7.8月号入選 おおきにー

m90_atarasiilrgbganma123456-gousei-daenn2_f先月の感謝の気持ちを忘れておりやしたので2号まとめて、「天文ガイドさんおおきにー」 でやーんす。先月M90(入選するとは思わんかった)、今月白鳥座γ☆付近(結構自信あり)と6月号から3ヶ月連続で載せていただき感謝の気持ちでいっぱいでやんす(フカブカペコリ)。M90はかのR・G大先生に50%LLRGB法を伝授していただき、いい色合いにまとまっていたのですがなにしろマイナー銀河でやンスからねー(かえってよかったのかも)。今月のγ星付近は、天文ガイドではナローバンドは徹底的に落とされてたので意地になって入選させてやろうとしてしまいました(大人気ない^^;)。ただ2日目のγ星の東部分の撮像中に薄雲が通過して、この部分のSN比が若干悪かったのでモザイクでは苦労しやした。コメントでもその辺をしっかりチェックしてるのはサスガですなー。ナローのモザイクではSN比を一定にするには空の条件があってないとダメなので、月夜に撮像したのはモザイクには難ありです。月のない夜にただひたすらLRGBしたいのを我慢する「行」のようなもんですな。良い子はあんまりまねしないほうがいいです。誰もあんな馬鹿なことしないって?だよなー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/06

毎度おおきにー ☆ナビ8月号入選

NGC7000-S2HAO3てわけで、2月号から数えて7連続で入選させていただきやして頭が下がる思いです(ペコリ)。今回はC14のラストショットを先月号で入選させていただきやしたので、キワモノnarrow 合成でチャレンジしました。T○では100%落選ののりなんですが☆ナビさんは分かってくれますなー ありがたやありがたや。いつも決まったのりジャーつまらんですし、仕事の都合上遠征もままならん身としちゃー、空勝負では絶対勝ち目がありやせんからね。これからも純和製デススターX到着するまでは奇策・奇襲でトライしよーっと。そうそうUSA親父はとうとうS○IG ST10XMEに見切りをつけたのか、KAF3200ME搭載のFLI CM-10MEを手に入れたようです。「おい若造、こりゃamazingだぜ!ノイズも少なくて、冷却抜群、これで暑い夏もナローバンドでギンギンだぜー」ってわけですげーM16を贈ってきやした。こりゃST10XMEはAO専用ってことになりますなー すげー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/05

HST流 3色合成法(USA親父直伝)

gousei-gijirichard





















HST(Hubble Space Telescope)風の画像たってどうやって合成してるんだって問い合わせが多いのでその概要をUPします。まああくまで擬似カラーですからそんなに堅苦しく考えずに自由な色表現でいきゃいいんじゃないかと。ただ単にSIIをR、HαをGにOIIIをBに割り当ててRGB合成するだけでやンス。ただHαが強い領域では各レベルを調節しなきゃいけません。MaxImDLでは
カラー合成の際にそれぞれのバランスを数値で調節することが出来るのでとっても便利です。こうやって擬似カラー合成画像が出来るんでやンス。このままではちとコントラストが弱くてインパクトが少ないんでUSA親父からちと色付け方法を伝授していただきやした。

続きを読む "HST流 3色合成法(USA親父直伝)"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005/07/04

M8 HST風

M8-new前回処理したM8を、OIII,SIIもCSで撮った画像で入れ替えて処理してみやした。やっぱHαを赤に持ってくるよりRGB=SII,Hα,OIIIで持ってくるほうが新鮮味があっていいですな-。Hα,OIII,SIIでは赤=Hαって言う既成観念で見ちゃうんでどうしても違和感がかえってあるようです。最初から擬似カラーって考えてHSTよろしく今後波長の順番でいった方がいいみたいですな。ここをIMGで狙いたいんですがねーなんとも晴れんことには・・・

125SDP STL1001E CSHα,OIII,SII4.5nm (45,45,45) /FC60/STV guided

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/03

IMGは何故よく冷えるのか?

IMG先日からFLIのMLで話題になっているSBIGとFLIの冷却効率の差についての実験でやんす。STL1001EとIMG6303EをSR内でどこまで冷却できるかを試してみやした。SR内は除湿目的でエアコンが効いた状態で気温20度 湿度45%の状態で開始。いずれもー45度の設定で開始した結果でヤンス。
STL1001Eは -24℃、IMGは-36.7℃でプラトーになりました。さらにSTL1001Eは外のchip windowが結露してしまいました。STLは常温の水を流すことが出来るので、無駄ですがやってみますと-30.6℃まで冷えました(当然結露)。USA親父からはSTL6303Eのread noiseはIMG6303Eの40-50%増、冷却効率の差からしてもIMG6303Eを選択したのはbetterだって。heatsinkの大きさやfanの位置、グリスの選び方、アルゴンガス注入なんかの要因があるようですが、素人のあたしが見ても差はこのfanのでかさですなー。STL1001Eは夏場は-15度が結露の関係で精一杯ですから、ノイズだらけの真っ白ダーク見りゃーきびしいモンガあります。セルフガイドチップとAOで大きなアドバンテージがあるんでSBIGさんにはがんばってほしいですなー。ナローバンドではノイズは少なけりゃーそれに越したことはないわけで、ダークで引けりゃーいいってもんでは経験上ありやせん。
真夏でも-30℃はかたいぜ!っていうUSA親父にならってせっせと-30℃のダークライブラリーでも作成しやす。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/02

焦点距離へのこだわり うーん。

shoutenkyori最近よく同じような焦点距離の筒で取り分けて差があるのか?ってメールをいただくことが多いのでちと比較してみやした。左がFSQ(530mm)+IMG6303E,右がSDUF(400mm)+IMG6303E 画角は90度回転しておりやすがノートリミングです。わずか130mmの差で、いづれの☆像もシャープで文句無いんですが、こうやって並べちゃうとやっぱ違いますなー。暗黒帯のうねうね感や、detailの描出には少しでも長い焦点距離のほうが見栄えがするってもんです。f値が暗くなるのでそれなりの露出が必要になるんですが、1mmでも長く!ってのが偽らざる心境ですなー。現在125SDP+RC0.77で616mmまで到達しておりやすので次はやっぱε200でビシッと決めて800mmまで伸ばしたいんでやンスがね。こう雨降りばかりだと筒の入れ替えもままなりません。ほんといつになったら晴れるんだよー。
FSQ106/ 20minX6/ SDUF/10minX8/ CS Hα4.5nm

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/01

南半球行きテーよー その2

LINEAS2proの話題が出たので、古い画像を処理してると昨年のLINEAR彗星の画像がでてきやした。レンズの選択を間違えて55mmF1.2を持っていたもんだから青ハロバリバリです。でも画角をはるかに越える長い尾が印象的です。この2日前ならもっと長大な尾が見えていたんですがねー
こうやって見るとS2Proの実力はすばらしいもんですな。ノイズも少ないし、赤かぶりも皆無です。
あーいい加減にお星を見せてクレー おねげえだ。
FinePixS2pro NIKON55mmf1.2(1.8) SKYMEMO 露出2分X2

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »