« 天文ガイド7.8月号入選 おおきにー | トップページ | EOS20Daのお気楽撮影法 EFL200編 »

2005/07/08

一瞬の晴れ間 やや!FSQ+SXV最強コンビ出現

NGC281-FSQ昨日は午後に猛烈な突風とともに、大量の雹まで降ってきてビックリしやした。時間雨量70mmの集中豪雨にはおよよでヤンスね。あんなのが数時間続けばそりゃ災害になりますなー。雨上がりの一瞬の晴れ間を縫ってFSQ+SXVM25Cのテスト撮影です。SXVM25Cにお勧めの鏡筒ってーいえばこれでザンショ。製作者のterry plattも愛用の組み合わせがようやく実現です。今回はon-axisのテストが出来なかったのでガイド鏡併用でヤンス。本当は2枚はほしかったんですがね曇っちゃいました。でも30分1枚露出でLPS-P2いれてもいい色合いですなー。星の色がしっかりでてるのには結構ニシシです。on-axisがうまくいけば筒1本でSXV-guiderつけてお手軽遠征も可能ですからねー。STV持っていかなくていいのがちょーありがたいです。でもほんとカラーって楽ですなー 1枚でも一応ボウズはまぬがれるのがうれしい限りです。今年の秋はこのシステムで飛び切り暗いところに一度は遠征したいなー。

FSQ106 SXVM25C LPS-P2 30minX1 ダークフラット補正なし/EM200+FC60/+ST5Cguided

|

« 天文ガイド7.8月号入選 おおきにー | トップページ | EOS20Daのお気楽撮影法 EFL200編 »

コメント

とてもナチュラルな発色でいいですね。
やっぱカラー画像ははこうでなくっちゃ。
CCDカメラになってから色が付けばなんでも
カラー画像というのが多すぎます。

投稿: TaNaKa | 2005/07/08 23:05

そうですね。TANAKAさんの作品を見せていただいたり、銀塩の方のダイレクトプリントを見せていただいてよく思います。そういう意味からすると、CCDの感度も高くなってきたことだし、少々露出時間はかかってもカラーCCDもしくはRGB合成でいくのがいいのかなーって最近思います。そうなるとやっぱ暗い空も必要ってとこでジレンマはあるんですけどね。

投稿: MIK(田舎) | 2005/07/08 23:26

遠征行くなら、護摩壇でNGC253とか低空の対象狙うのはいかがざんしょ。FSQなら反射と違って温度順応待ちも不要ですし。

ところで、STAR2000によるセルフガイドって労働時間が倍必要に成るんですよね?せっかく円筒形で主焦点・一発カラー撮影が可能でも、イマイチ嬉しくないなぁ。
主焦点用に、円筒形・セルフガイドchip・ソニーCCDなカメラが欲しい! 30cmの方で良いからデススターも欲しいけど。

投稿: GPE-R200SS | 2005/07/09 03:01

色云々よりも先に写るかどうかが問題ですからね。
そういえば気になったのが、30cmのって
デルタグラフそのものですが、40cmはまた
設計が違うんでしょうか?

投稿: TaNaKa | 2005/07/09 07:14

40cmRPGも30cmと同じ設計です。プライムはCCDでの撮像のみに的を絞った構造になってるのでその実力がとても楽しみです

投稿: MIK(田舎) | 2005/07/09 08:55

ということは主鏡は放物面ということでいいのでしょうか?
もしそうなら副鏡は双曲面の可能性が高く、純カセという具合になるかと思われますが、
その辺はどうなんでしょう?
まあRCもカセも円錐係数が-1.1と-1.0なのでほとんど双子ですが。

投稿: TaNaKa | 2005/07/09 11:24

良く写ってますねー。
わずかなチャンスを物にしてしまうMIKさんも凄いですけど。
SXVと20Da、画質ってどうですか?やはりSXVが優勢かな?

デジカメなどワンショットカラーの台頭で、明白になってきてるのが、冷却CCDの色の悪さですね。
きちんと撮れば冷却CCDの方がキレイ(ってか自分の好み)なんですが。

投稿: uto | 2005/07/09 20:23

>鏡は放物面ということでいいのでしょうか?
私が聞いたところでは主鏡は放物面と聞いています。補正レンズの設計が特殊なようで詳細は不明です(無責任ですみません)。CCD面に光束が垂直に入るような構造とお聞きしています。

>SXVと20Da、画質ってどうですか
20Daは800万画素で、digicIIの魔力かシングルショットでもかなりの画像が得られますね。ノイズもホント少ないです。ステライメージ5でBAYERレベルでダーク減算をすればSXVと同等ではないでしょうか。ただやはり露出が10分以内が限界でしょう(夏場はさらに短くなるかも)から、明るい天体、暗い空、さらには明るい光学系の3つを選ばないといけないでしょうね。
>きちんと撮れば冷却CCDの方がキレイ
モノクロCCDでもいいRGBが取れるところがやはり理想でしょうね。ただかなりの光害の影響をカバーしてもらえるところが一番の利点かなー。あとはナローバンドに逃げられるところですね。

投稿: MIK(田舎) | 2005/07/09 22:22

>ただやはり露出が10分以内が限界でしょう

なるほど、やはり冷却の差は大きそうですねー。
そうなると、イプ180は魅力的に思えるけれど、でも光軸とかシビアそうですよねー。
いや、まあ、買いませんが・・。

投稿: uto | 2005/07/10 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の晴れ間 やや!FSQ+SXV最強コンビ出現:

« 天文ガイド7.8月号入選 おおきにー | トップページ | EOS20Daのお気楽撮影法 EFL200編 »