« バンビの頭 (Hα) | トップページ | レッドコンティニュアムフィルター 結構いけまっせー »

2005/05/17

明るいってーのはすばらしい!

M17-HA-SIGMA-ST-GANMA-DDPてっきり曇りと思ったら抜けるような星空でやんした。栃木ニコン+ST10の撮像ロボナロー君2号出撃でーす。F2.0だとナローでもセルフガイド可能ですなー。ありがたい話です。TPS(直輸入テレスコープポートスプリッターも浮かばれるってーもんです)
M17とその隣の無名の淡い散光星雲です。
いまいちフォーカスの山がわかりにくいけどわずか5分4枚でこの写りはスゲーの一言です。この明るさならコンティニュアムフィルターを使ってみようという気になるもんでやんすね。結果は後ほど。
栃木ニコン300 F2.0 ST10XME、 CSHα-4.5nm NJP/セルフガイド(エッヘン) 5minX4

|

« バンビの頭 (Hα) | トップページ | レッドコンティニュアムフィルター 結構いけまっせー »

コメント

F2.0の威力はすごいですよね。
ベーカー+STLだと北アメリカ星雲なんて
ものの20-30分でシュミットカメラ+TPと
同等もしくはそれ以上の写りをしてくれます。
昔シュミットカメラで撮影したプリントと、
STLで撮影したプリントを比べたら、STLの
ほうが上かも。

M6付近にもあわーい星雲がありますね。

投稿: TaNaKa | 2005/05/17 11:11

画素は多けりゃ多いほどいいですねー 苦になりません(爆)
でも大画素になればABGの方が使いやすいかもしれませんね。昨日テストでRGBも撮像しましたが6303Eでは、盛大にブルーミングするのでナロー専用って感じですね。
その点STL11000ではさらに広いチップサイズで、ブルーミングを気にしなくていいのでRGB撮像では有利ですね

>M6付近にもあわーい星雲がありますね。
最近は昔の及川氏の星雲星団ガイドブックを取り出して天の川の中の淡いHα-領域を探し出して見てます。
結構いろいろまだ知られていない面白い領域がありそうですね

投稿: MIK(田舎) | 2005/05/17 20:25

画素数が多いほどブルーミング処理をしても
その痕がわからなくなると思います。
撮影するほうはけっこう気にしますが、見る側
はぜんぜんわかんなかったりするものですよね。

天体の構図は広角から攻めていって、自分の
気に入った領域を拡大して撮影してます。
ちょっとした探検気分が楽しめます。

投稿: TaNaKa | 2005/05/17 21:24

>天体の構図は広角から攻めていって、自分の気に入った領域を拡大して撮影してます。
やっぱそうですよね。私の場合気に入ったところから段々拡大していく傾向があります。だからいつも変なモザイクやって落選します(爆)

投稿: MIK(田舎) | 2005/05/17 23:36

拡大解釈
Tanakaさん ⇒長焦点
MIKさん⇒モザイクで画素拡大
で、なんかビミョーに話が噛み合ってないような(爆)
違うかな~。

投稿: uto | 2005/05/18 12:15

>で、なんかビミョーに話が噛み合ってないような(爆)
違うかな~。
やっぱTANAKAさんの撮り方がスタンダードで、私がチト(かなり?)おかしいようですね。

投稿: MIK(田舎) | 2005/05/18 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明るいってーのはすばらしい!:

« バンビの頭 (Hα) | トップページ | レッドコンティニュアムフィルター 結構いけまっせー »