« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

これが USA親父直伝です

NGC-NARROW-RGB-DDP-PS
世間は連休だっつーのに 今まで診察・往診でくたくたでやんす。
昼間は晴れてるのに明日から雨だって 「ぶー」 ですな。

先日のNGC7000なんだかうまくカラーバランスがあわせられなくなって、USA親父に画像を送りました(おいおい)。
USA親父曰く 「結構とれてるじゃねーかー 若造、俺が仕上げてやるからちょっとかしてみな!」てわけで親父じきじきに手直ししてくれました。
ほうほう やっぱUSAじゃねー 極楽鳥のような色彩がたまりませんなー
わたしゃ HSTよろしく これが好きだねー
トーンカーブの調整を教えてもらったので またアップします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/04/29

NGC6992 強拡大 in STL

6992stlo3
網状星雲の間のVeil nebulaeていう領域をSTLでねらって見ました。
ここは結構見どことのある領域でやんすね
月に黄砂が照らされるのか?SN比があがりませんねー うーんいまいち
先日のIMG6303Eと比較すると、高解像度6303Eの方がよく写ってるジャン。
この4日間の夜中中途起き撮影の結果では、ST10XMEの青感度の強さがよくわかります。
量子効率のチャート結果どおりですね。

125SDP STL1001E NJP/3ccd system (Hα,OIII,OIII 80,120,120)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/04/28

もー たまらんですなー

NGC7000-LRGB-SI4-PS2
昨夜はなんだかもやっぽい夜でSN比があがりそうになかったので明るいほうへ
先日のNGC7000続きーバージョンです。
TANAKA氏の指摘どおりOIIIの露出を伸ばしてみました。
うんうん イー感じですなー。USAナローバンドおやじっぽい画像になってきやした^^。
SDUF100 IMG6303E/SII,Hα,OIII(70,70.120) EM200/e-finderでやんす


Custom ScientificのOIIIはフラット画像がうまくいくのですが、AstronimkのOIIIはあまりいいフラットが撮れません。
AR coatの有無が関係してるじゃないかー という意見もありますが原因は不明です

そんでもってSTL1001E+125SDPのIC1396です。
こちらも親父っぽくなってきましたねー
Hα-はSBIG、SII,OIIIはASTRONOMIK社製です。1001E+125SDPだと結構高SN比で撮像できるけど6303EではAstronomikは使い物にならんかも・・・御代が1.5倍なのは半幅値のちがいだけじゃないみたいですな
NGC1396-SIGMA-rLRGB-oyaji
125SDP STL1001E SII,Hα,OIII(70,70.80) NJP/3CCD system

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ギンギンの予感 NGC6992

NGC6888HAO3O3
昨日のテスト撮像後に夜明けまでちょっと狙ってみました。NGC6992付近。
露出が幾分足りませんがきますなー。今夜さらに露出時間を延長してみます。
100SDUF君いいねー でもフラットで補正できない若干の中央集光が、SDUFIIでかいぜんされたチップ面からの反射ってやつのようですね。SDUFIIがいいのかFSQ106がいいのか悩むよなー

IMG6303Eはほんとノイズが少ないですね。まるでBJやSXVを見ているようです。
ダーク引かなくてこれだもんなー。STL1001Eのダークノイズだらけの元画像を見てると、こりゃーKODAKの問題じゃねーなと思います(どこが悪いのかはいいません)。濡れ衣っていうやつですかね^^;
STL1001EもIMG1001Eにしてーよー
RichardにSTL1001Eのダークノイズ見せたら”amazing”だってよ。トホホ・・

100SDUF Custom Scientific Hα4.5nm OIII 4.5nm(50,40) RGB(HA,OIII,OIII)でやんす

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/27

Death Star2号 IMG6303E いざ出撃

deathstar2
おまちかねDeath Star2号実戦配備完了!届いたその日からせっせと働く見上げたもんでやンス。
ダースベーダーのお面のようなその風貌が、なんとも頼もしい限りです。
FLIのドライバーはタコだけど、MaxImDLががっちりサポートしてくれてるのですいすい導入、ありがたい話です。
ダークライブラリーも作らずにもくもくと仕事しておりやす。
STL大広間仕様に引き続いて、大ホールともいえる広々フォーマットが泣かせますなー
これでモザイクなんてけちなこといわずにドーンと一枚撮りでギンギンにいくぜー
Alan Hormesも買った本人もびっくりののファーストショットは明日 メーテルさんの掲示板で!(ひっぱるなー)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/04/26

手のひらサイズガイダー

SXVguider
アメリカ直送のSXV-guiderです(忘れた頃にやってきた)。SXVからケーブル一本でつながる31.7mmスリーブサイズのガイドチップでやんす。着て見てびっくり!重さわずか50gです。
SXV-M25CとH9にon-axis使用をもくろんでいたんですが、接眼部への負担も少なくてgoodです。
MaxImDLからメインチップとともにコントロール可能なので、STVを不要ってのもありがたいはなしです。
鏡筒1本PC1台 遠征もらくらく行きたいとこでやんすねー

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/04/25

IC1396 Hα こっちも忘れちゃ困るぜ

NGC1396-STL
撮像ロボnarrow君Hyperの出現で、「撮像ロボnarrow君1号(125SDP+STL1001)も忘れちゃー困るぜ」ってーわけでIC1396。以前には長焦点Hαモザイクなんて無謀なことをやってた領域なんですがねー。
90分露出放置プレーでちゃんちゃんでやんす。
暗黒帯うねうね。結構いい画角で、ナロー三色合成でギンギンに迫ってみたいですねー
次はSII,OIIIを長時間撮影だー
3日かがりで狙ってみます。

125SDP STL1001E SBIGHα10nm 15minX6 /高精度NJP/FC60+STV

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/04/24

NGC7000 ギンギンだぜー

NGC7000S2HAO3
満月なんてーなんのそのー♪ ナローバンド君Hyper初出撃でやんす。
いやー SDUF君 満を持しての出撃だけあって上々の滑り出しです。
まあ最初は明るい対象から、NGC7000です。
1時過ぎないと撮像開始できないのでちょっと露出時間が少なめなんですけど、さすがf4。きてますなー。
USAナローバンド親父直伝の S2,Hα,OIIIの三色合成です。
普段は赤にしか見えない星雲も複雑な輝線で構成されておりますなー。
デススター2号も現在通関中、GW明けには実戦配備してナローバンド迎撃体制完了です。
これで夏は輝線ギンギンだぜー

100SDUF ST10XME SII,Hα,OIII(60,60,70) EM200/ST5c/e-finder

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/23

ナローバンドHyper君テスト M51

m51_sigma_st_siddp
雲が頻回に沸いてくる天候でトホホでやんした
とりあえず画角のテストと、露出時間の決定のために撮像
月夜なのでRフィルターかけて5分露出X5です。
広々画角ですなー C14の写野からすると大ホール仕様でやんすなー
focusも ものも5分でOK ありがてー話です
さすがはf4 フィルターかけても5分で盛大にブルーミングしてきてます。
今晩は晴れてほすいなー
この画角で夏の散光星雲はいただきだぜー

100SDUF ST10XME/-15度 CS Rフィルター 5minX5 EM200/STV+e-finder

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/22

ナローバンド君HYPER完成

DSCN1949ff
C14がいなくなったらヘラクレスが壊れやした^^;
モーターの接触不良とかできょうといきでやんす。
かねてより画策していたナローバンド君HYPERようやく完成しました。
栃木ニコンだと収差の関係か、OIIIのフォーカスがずれちゃうのとフィルター径の関係でcustom scientificのフィルターが使えませんでした。
ってーわけでSDHFをナローバンド君HYPERに任命しました。
DF-2/CFW-7/ST10でフォーカス来ることがわかったので本日組み上げました。
スライディングルーフ内の混雑も一気に解消できるコンパクトさです。
50mm filter 7枚がけ(RGB/SII/HA/OIII/Hβ)ですからチョーありがたいですねー
指定位置停止確約ってーのもうれしい限りです。
直進ヘリコイドもいいんだけどDF2使い始めるとやめられませんなー
ピッチが2.5μmなので、SDHFバーニアメモリの1/4の精度が出ます。しかも鏡筒に触れなくてもいいのもありがたい話です。
いやー2年間のガイド鏡下積み生活から、一躍主戦マシンに躍り出ましたねー
ただでさえ広いイメージサークルの真ん中しか使わないわけですから、ビシッとした☆像期待してまっせ。
頑張れナローバンド君HYPER。
でも1週間足らずで焦点距離が1/10になるってーのも、考えてみりゃー笑える話です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/04/21

EOS20Da  おいおい勘弁してくれー

NGC7000_一般人でもバシバシ星雲星団を撮れる時代がとうとうやってきましたなー。薄明も何のその。清原よろしく 「でや^」って感じですな。
昔をちょっと知ってるものとしては、嬉しいやら寂しいやら。
一般に入手できるレンズとカメラ、普通の赤道儀で、初めて星を撮影する人でも1日でここまでいけます。
これを市販しちゃうCanonってすごい企業だなー どーよって感じ。
赤の写りがどーのこーのって言わんでも、ここまで写れば十分でっしゃろ 改造せんでも・・・

Canon 20Da EF200f1.8開放 約2minX2 LPS-P2 kenko-superproL41 EM10ノータッチ
赤道儀がすべてふさがってたので、SRよこに急遽セットして撮ったので画角が悪くてすんません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/20

M27(亜鈴星雲) SXVM25C vs ST8XE

M27-SDPm27lrgb
2年前にCCDを始めて最初に撮像したM27をST8XEとSXV-M25Cで比較してみました。
技術が未熟なせいもあるんですが、同じ鏡筒で撮像したものです「。
SXV-M25CもモノクロCCD+LRGBに迫る実力であることがわかります。
画素数の多い分プリントアウト時には有利でしょうね。
2年前にはカラーCCDなんて選択肢は私の頭の中にはまったくなかったのですが・・・
技術の進歩ってすげー

125SDP 直焦点
上が SXVM25C 5minX2+8minX1 NJPノータッチガイド
下が ST-8XE LRGB(60,10,10,20) EM200/セルフガイド

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/04/19

M16わし星雲中心部 /SXV-M25C vs STL1001E

M16COMPOSITEm16_stl
M16をつかって検証してみました。
かたや長焦点+大ピクセル 一方は短焦点+小ピクセル
見てのとうりでやンス。

カラー画像は先日撮像したM16わし星雲中心部/SXVM25Cです。圧縮するとつぶれちゃうので中止部のみをUPしました。全体像はマイフォトに出してます。
低空と光害でどーかなーって思ってましたがまずまずの出来でした。GWは丁度新月近くなので、子供たちの学園祭が終われば一日空のいいところに遠征してみたいですね。
狙いはM8-20とM16ってーとこですかねー

モノクロ画像は昨年C14+STL1001Eで撮像したものです。detailに関しては125SDPとあんまり変わんないですねー
低高度なのでもろシーイングの影響を受けちゃいますんで、長焦点大ピクセルでがんばって・苦労ーして撮像しても、125SDPでカラー一発撮り放置プレーと変わんないんだったらチトつれーなー

カラー画像) 125SDP 直焦点 SXV-M25C 15minX6 /FC60/STVguided/LPS-P2
モノクロ画像) C14 直焦点 STL1001E 5minX10/selfguide

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005/04/18

夏に向けてSXVM25C始動 M13

M13ps
いやー やっぱカラー一発+短焦点はストレスがありませんなー。
昨日M16を撮像するまでに、NJP君のウォーミングアップもかねて撮像したヘラクレス座のM13(球状星団)です。
30分一枚撮りでフラット補正とデジタル現像のみでやんす。
Canon20Daを使ってみてやっぱカラーだよなーって感じました。
フラット補正の簡単さやダーク不要ってーのはSXVの強みですな。
16bitをフルに生かす撮像スタイルが正しい姿で、F6前後では60分くらいがデータレンジをみているとベストでやんすね。
次期デススターXのプライムフォーカスを受け持つSXVM25Cは路線的には間違っていないと思うんだけどねー
(chipがある間にもう一台ほすいー この週末5200$台にディスカウント中)
F2.8だと適正露出は15分。これだと一晩一対象なんていうつらい生活からも開放されるっつーもんです。
空の悪さは光学系とIDASさんのLPSでかなりカバーできるってことがわかってきたので、最後まで場所で悩んでいたドームも自宅裏に建設決定しました。
SRに何を常設するかお悩み中。
しばらくはε200と125SDPで撮像ロボ・ナローバンド君1号2号で活躍してもらいましょう。

明るい対象であれば、銀河とかの強拡大路線とナローバンド以外はモノクロCCDに出番なしって感じになってきましたな。
PENTAX125SDP 直焦点 SXV-M25C 30minX1 LPS-P2 NJP/STV auto guider

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/17

ε200登場

E200-gaikan
じゃじゃまるC14も梱包終わって発送を待つのみ。
代わりにヤフオク出身ε200でやーんす
1984年製の年代もんですがさすがタカハシのつくりですな。
20年たっても現役バリバリです
しばらくは短焦点+ナローバンド/ST10XMEで活躍予定です。
LOSMANDYのガイドプレートなんかつけてUSAチックな佇まいでやんすねー
これが結構重宝するDOVETAILです。
M81E200

テスト画像はM81月夜でも明るさで押していけーー
ε200 ST10XME L5minX10 RGBは以前の画像でやんす けっこーくるでっしゃろ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/04/16

最後の勇姿

saigoC14
わがC14の最後の勇姿です。先日のM101撮像の際のラストショットです。
九州にお嫁入りが決定しました。
昨晩鎮魂式後にヘラクレスからおろして無事梱包完了しました。
この週末にでも出来れば第3のユーザーの下へ旅立ってゆきます。
これからもがんばってねー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/15

EOS20Da試写

moon-0814
今日はうす雲バリバリで撮像は中止ー お月さんだけ撮像してみました。
ライブビューモードっていう便利な機能がついてfocus合わせも楽勝ですな。
でもEF200f1.8で使えないのはとても残念ですな。
とりあえずこの週末に栃木ニコン+EOS20DaでM8+20あたりを激写予定でやーんす。
峰山出撃予定。

300mmF2.0の適正露出はずばり2分。EM200でノータッチでいけるところがありがたい話です。
バッテリーも1つですむしね。ニシシ

125SDP+1.4XRC EOS20Da 1/60sec /NJP

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/14

鎮魂の2枚目 M101

m101PS-UN
いやー じゃじゃまるC14に買い手がまったくつかないもんで・・・
そんじゃーってわけで 最後にこいつだけはギャフンといわせたかったM101です。
当地最高のシーイングと透明度でようやくしとめることが出来やした。
RGBもビニングなし、L画像も天頂越えしても粘って撮像しました。
おおーもうこんな時間じゃー でも今夜はとっても心地よい疲れでやンスな
これでC14+STLの組み合わせも思い残すことはござりません。

じゃじゃまるC14直焦点 STL1001E herucles mount SBIG/ LRGB(150,30,30,30)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/13

夏は短いとこもいってみよー カメラレンズ用ジャー

ST10shortdevice

ST10XME+マンデルプレート+ロスマンディープレートでカメラレンズ対応にして見ました。
ナローバンドだと色収差も関係ないから、NIKONレンズも浮かばれるってもんです
超小型Hα撮像システムになりますなー
EM10でも十分搭載可能軽々設計です
ファインダーも取り付けられるので自動導入なしでもいけそうです。
STシリーズの「おもいやりねじ」のおかげです。
時代は短くて明るいですなー
じゃじゃまるC14引き取ってくれんかねー 誰か

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/12

LRGB変法 結構いい予感

LL50RGB2
岡野先生の開発されたLRGB法はすばらしい方法で大幅に露出時間が短縮できるっていう利点があります。
でもわたしにゃセンスがないのか?どーもUSA親父のような色彩豊富な画像には出来なくて悩んでおりました。
先日あるUSA親父に直メールで質問(おいおい)したら、なんと丁寧に教えていただきました。
以前にUPしたまゆ銀河とM88です。左が新しい方法で、右が普通のLRGBです。
どーです?結構ー 色彩豊富になってますねー
方法はいたって簡単。L画像に直接RGBを乗っけるからだめなんだよー と指摘されました。つまりLの輝度情報が強すぎるってことです。
1)L画像をフォトショップで レイヤー複製して透明度を50%におとしてL50%画像を作ります。
2)このL50画像とRGBをまずLRGB 色の十分に乗った解像度のいいRGB画像ができやす
3)このL50+RGB画像をフォトショップで色調整。バック処理。
4)元のL画像度 3)で作成したL50+RGBでLRGB合成
ホイ出来上がりー
わかっていても今まで出来なかったのは私がアホだったから??
みんなやってる処理なら勘弁してくらはれ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

MaxImDLでフラット補正 こりゃええわー

M42-MX-osanshori
カラーCCDではいまいちフラット補正がうまくいかなかったのですが、大御所田中先生にRGBsplitとしてflatten backgroundをかけて再合成する方法を教えてもらいました。
前回の入選作品も周辺減光も補正されてぐぐっと締まりましたなー
最近はまってるMaxIm風でいってみたこの画像処理の手順は
1)いつもどおりにフラット画像をモノクロ化してそれぞれの画像をフラット補正+color balance command
2)bad pixel removerでbad pixelsを消去
3)sigma composite(これで輝点ノイズはさらに減ります)
4)RGBにsplitしてそれぞれmanualでflatten backgroud
5)RGB合成(よい子はここまでにしましょうね)
6)MaxImDLでDDP/FFTfilter
7)NEAT imageでnoise除去
8)lokal adaptive flterをかける
9)NEAT imageで再度noise除去
10)photoshop CSで色調補正
おおー 「大人の画像」ではないUSAおやじのにおいのぷんぷんする私好みの画像になりました。
夏の白鳥座あたりをモザイク合成してギンギン カラー画像なんてのも楽しみでやーんす
でもよい子は決して真似しないようにね。
(6)以下は 新作ステライメージ5でやりましょう。
この処理でフォトコン出せば確実に落ちます。 (大爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/04/11

冬の陣終了 Foxfur Nebula

XMAS-ST-SIDDP_filtered

冬のHα領域も西に傾いて十分な露出をかける時間がなくなってきました。
長焦点モザイクなんてやってた身にしてみれば ちょっと厳しい現実ですなー
少々解像度が低くても高SN比だと見栄えがよくなるもんです。
日本ではクリスマスツリー 海外では"Foxfur"nebulaっていうんだそうです。
明るい散光星雲なら無敵の予感です
この対象は1000mm前後がベストでやンスなー

125SDP+STL1001E custum ScientificHα 4.5nm 10minX6/NJP/SBIG 3CCD

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/10

M8(干潟星雲) Hα画像

M8-HA-SIGMA-AS-AND-MXDDP2
昨日のM8ナローバンド3色合成は SII,OIIIの露出時間が短すぎましたのでちょっとバックがムラムラでした。
Hαは十分なSN比があるので撮像した分をすべてコンポジットして見ました。
Hα80分だと結構ーいい感じでやンスなー
3色合成するにはやっぱりもっと明るい光学系が必須だなー
栃木ニコンがベストだねー

125SDP STL1001E Custum Scientific Hα4.5nm 80min /NJP/SBIG3CCD

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/09

Cano 20Da 早々のご到着 歓迎いたします

spring-20Da
納期3ヶ月っていうアナウンスにもかかわらず、早々の到着歓迎いたします。
Canonさんが「天体写真なんぞという虫けらユーザー」の声にこたえて作ってくだすったので、買わないともう二度と作ってくれないでしょうからね。「星空の表現者」なんていう粋なキャッチコピーもありがたい話です。
スムーズな通関業務のため、とりあえずは一般撮影にも使えるってーところを見せておかないといけませんので裏庭のお花を。「Canon純正」っていう響きがいいですなー
色めもあんまり問題ないようで、無事通関ってーとこですかね
夜の撮影は次の晴天のときにでも行います。ノイズが少ないようなので固定撮影専用とか子供の発表会専用なんてのいいかもしれません(爆)。

Canon20Da EF 70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM (DOレンズなかなかコンパクトで重宝しますね)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

M8 ナロー 早起きはつらいぜ

M8-HAO3S2-rgb


早起きしてM8(干潟星雲)です。
光害のある南の空でもnarrow bandなら楽勝ですなー
S2.OIIIno露出時間がかなり足りなかったので、Hαが勝ってますが手ごたえ十分でやんすな。
夏に向けてけっこーいい感触
でも2時起きはつらいぜー

125SDP STL1001E RGB(Hα,SII,OIII:40,40,40) FC60/3CCD/ NJP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

これは中性子爆弾程度か・・

40F7_3D_LAY
デススターXの正式発注も終わったので その2を報告しやす。
プライムフォーカスは以前に述べたように40cm F2.8。
これに加えて、第一補正レンズ前に副鏡を置いて主鏡側でRC焦点も可能にした欲張り設計です。RC焦点はnarrowバンドにも対応できるよう40cm F7でやんす。
いずれも35mmフルサイズ画角隅で20μ以下の☆像を達成してるっていうことです。いい仕事してますなー。ほんと期待が高まります。
プライム側はSXV-M25C,主焦点側はST-10+AO7 or STL1001Eで迎撃します。
架台は当地は低空ねらいは期待薄なので、赤道儀はフォーク式で子午線越えに対応予定です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

星ナビ5月号入選^^ ごっつあんです 

sakuhihikaku
星ナビさま 誠にありがとうございまする。2月号から数えて4号連続で掲載していただきやした。
こりゃーステライメージ5とステナビver7にアップグレードせにゃいけませんなー
今月号は銀河艦隊がTGですべて撃沈させられたのでリベンジしたいなー
先日もTGには銀河主力艦隊を投入したのですがどうなることやら・・・
6M砲の苦労をわかっていただいて星ナビさまには感謝感激でござリンス。
今度から星ナビさんに主力を投入することに閣議決定しました(大爆)

紙面で評されているように、あの頃(つい最近だって)はASTROART一本で処理していたので、ちょっとARTに偏りすぎてたかーと今になって思います。
腕の表現や、中心部の飽和しているところなんかはずばり指摘どおりでやンスな。
てなわけで現在の処理でやってみました。
以前の階調飛びもなんのその、シャープさ一本やりよりも「大人の画像=皆受けする画像」になってきていますね^^;いかんいかん。

中心部の飽和に関しては、露出不足からきてるもんですのでこれ以上は無理ですね。
でも以前よりも腕につながる部分はこっちのほうがいいかも。
でもSTL1001E+C14ってやっぱり理想的な組み合わせでやンスなー
あのチップサイズで15μくらいがベストなんですけどー 
Research STL-1301E買えって?もうしばらくCCDは買いませぬ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/06

鎮魂の1枚 NGC5033

NGC5033-saishuu
C14のラストを飾る絶好のシーイングでした。昨日のL画像と合わせて処理しました。
最初にST-8XE+SDPでこの対象を撮ったときから、これを強拡大で撮像できることを夢見てきました。
RGBにもっと露出をかけるほうがよかったかとは思いますが・・。まあ私の今の腕ではここが限界でしょう。
予想どおりこの銀河の腕は淡いですねー

じゃじゃまる君長い間ご苦労様でした。
明日からまた違うことに挑戦しよーっと。

じゃじゃまるC14+セレストロンRD0.63X ST10XME AO7 4.7Hz ヘラクレス赤道儀 LRGB(220,20,20,40)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

C14放出決定

C14長らくご愛顧いただきましたC14(過激穴あけ仕様)の本日ラストショットを行っております。
デススターX実戦配備が正式決定いたしましたので、丸2年間つきあってくれたじゃじゃまるC14砲とお別れすることと相成りました。
これからは短焦点で生きてゆきます(爆)
125SDP+STLでこの夏はナローバンド三昧ってーことでデススターの完成を待ちたいと思います。

てなわけでじゃじゃまる君をひきとってやろうという方がございましたら、当方まで直メールいただければ幸甚です。
とんでもなくでかいので、出来れば取りに着ていただける方を希望いたします。近県であればドライブがてら持ってゆきます。
お品は
C14(faster非対応) 補正板は2年前に前ユーザー交換済み
鏡筒バンド(純正品)+LOSMANDY DOVE TAIL中型プレート
巻きつけフードとアルミ製フード(馬鹿でかいぞー)
接眼部はBORGの大型ヘリコイド(そこから先は適当に考えていただければ幸甚です)
富田式ミラーシフトロック
をお付けします
私が購入したのが48万円でしたので すべてお付けして24万ってとこでいかかでしょう
性能はこれでTG,☆ナビに合わせて5回入選させていただきましたので飼いならせばよく言うことは聞きます

まあ玄関のオブジェとして置いていてもいいんですが(邪魔だよー)、誰かのところでまた活躍してくれればと思っております。このBLOGをごらんのみなさん お知り合いの方でも結構ですのでよろしくおねがいします。

え?ところでCANPのお題「私の撮像スタイル」どうすんでー? まあなんとかなるでしょー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/04/05

おいしいところで 霧だー NGC5033

NGC5033-sigma-St-LA-ASDDP-s
結構暗いのはわかってたんだけどねー NGC5033
これからってーところで 今度は霧だー
今週の月のないところで一気に撮像したかったのにトホホでやんすな
L画像200分は必要ですなー この対象。
明日に期待しよー

C14 RD0.63X ST10XME 4.5Hz AO7 IDASA TYPE4 LPS-P2 L10minX10

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/04/04

短いとこもいってみよー!

m101-sdpm81m82-si4as-ps
ナローバンド撮像で125SDP+STL1001Eは解像度的にはいまいちだけど、淡く広がった対象には効果がありそう。実際の画角チェックと周辺減光についてチェックしてみました。
結果はおおむね良好。イメージサークルの広いSDPだからほとんど周辺減光はフラットで補正出来まする。
L画像のみですがUPしておきます
M81/82コンビとM101です。結構CCDでの撮像ファインディングチャートとしても使えそう
でもわずか20分程度でここまで写るのはすげー

125SDP+STL1001E SBIG L filter 5minX4


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/03

ナローバンド3色合成 in くらげ星雲

kurage-HAS2O3gousei

くらげ星雲付近を Hα、SII、OIIIの合成で仕上げてみました。
くらげ本体はHα、SIIともにありますが、噴出している部分にはHαがほとんどであることがわかります

天候不順とインフルエンザ軍団の猛攻撃で1ヶ月もかかってしまったでやんす。
どーしても 解像度の点からSTL1001E+栃木ニコン+テレコンではきついですな。

てなわけで今回いろいろテストした結果。今後の方針として
1)広い範囲で比較的明るいところなところ栃木ニコン+デススター2号でモザイク
2)結構写野が狭くて、淡い領域 モザイクやる価値のあるところ 125SDP+STL1001E
3)結構写野が狭くて 高解像度を要求されるところ 125SDP+デススター2号
ってなところでおさまりそうですなー

うん? てーことはデススター2号は CCDだってことがばればれでやんすな。~~; でへ
栃木ニコン300(F2.5) NIKON1.4Xテレコン STL1001E Hα、SII、OIII(90,120,90) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/02

M90 やっぱ人気ないねこれは。

M90-kansei

昨夜の本命 M90です。 地道に長焦点もとらなきゃー 

メシエ天体でありながら、あまり撮像しているのを見かけたことがなかったので月が出るまで撮像しました。
先日の指摘どおりレデュサーかませてF6.5前後で撮像しました。
みんなあんまり撮像しないのわかりますね。けっこー暗いでやんす。ガイド☆はめっちゃいいのがあるんですけどね。
M64(黒眼銀河)ほど中心輝度は高くないので、撮像しにくいです。
でも中心の暗黒帯はM64におとらずなかなかのもんですなー。南のおかず銀河もいい雰囲気です。
だいぶ画像処理の手順が統一化されてきて労働時間短縮でやんすな

今回から野球場の明かりを避けるためにLPS-P2かましました
結果は良好! RGBの処理が簡便でやんすね。 IDASさんに足向けて寝られません わたくし。

C14 セレストロン0.63RD ST10XME AO7(7.1HZ) IDAS TYPE4L+LPS-P2
LRGB(120,20,20,30) L画像が1.5倍必要ですね

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/04/01

MaxImDLはいいねー 黒線ちゃんさようなら ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ 

KURAGE-SDP-shuusei-ASDDPUN_

UTOさんから指摘をうけたColum Reairですが CCDopsではちょっとのこっちゃうんであきらめてたんですよー
てなわけで
お昼休みにMaxImDLのBad Pixel Repairをちょっと利用して処理したら、「にっくき黒線ちゃん」消失ー
ほんとありがたい話です。
DDP処理もMaxIm DLのFFTfilterでいってみました。
おいらはこっちのほうが好きだなー

また詳細なやり方はUPしますね。これはけっこー使えるぜ!
125SDPでもUSAナローバンド親父に一泡 ふかせるかもー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これが本命だな 撮像ロボnarrow君

sdp_ha_kurage_ddp_filtered

まさに”DREAMING”な気分でやんすなー
栃木ニコン+テレコン1.4ではちょっと焦点距離不足気味でしたが、125SDP直焦点+STL1001E ナローコンビ こりゃー最高ですなー フラット補正がバッチ利くのがうれしい限りです。
いままでなかなか描出できなかったところがドドーンとモニターに現れたとときにゃー びっくらこきました。
ちょっと露出はかかるけど、この解像度は夏のHαにむけてニシシでやんすねー
KKさん押し売り(抱合せ販売ともいう)の 3CCDsystem初めて使っちゃいました。
CCD HEADがコンパクトなのがいいですね(でもoptionで十分な気がする)
MaxImDLで外部CCDとして指定すれば、完全放置プレーできるのもありがたい話です。
寝てる間にどんどん撮像 撮像ロボnarrow君と命名しました ウヒ
でもこの味しめると 150SDPほすいー TOA150も出ることだし 50マソ引き 決算大在庫処分市なんてやってくれんかねー Sほう社さーん。

125SDP f6.4+STL1001E Custom Scientific Hα4.5nm 10minX10 NJP/3CCD by SBIG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »