« IC443広角 | トップページ | cosmetic improvement of the image »

2005/03/17

コンポジット比較(露出時間)

composite_hikaku
先日UTOさんからも指摘があった露出時間の比較でやンス
M51を撮像したときに最初に5分露出を6枚撮像していたのを思い出して10分3枚と比較してみました。
同一日で、連続した1時間の撮像データ、透明度はいずれもよくありませんでした。
ただ高度はいずれも50度以上です。
左が10分3枚 右が5分6枚です。
ST10ビニングなしでいえば、M51クラスの明るい対象でも10分露出3枚のほうに軍配が上がるようです。
ASTROARTのヒストグラムを見ても明らかに各レンジでのSは上がっているようです。
バックグラウンドの階調を損なわずに処理が出来るのは10分のほうでしょうね
この時間はそれぞれのCCDの感度やピクセルサイズでこれは当然変わってくるものでしょう。
各自使用のCCDと光学系であらかじめ、ガイドエラーと兼ね合いからSN比のよい画像を得られる露出時間を決定しておくのが大切でしょうね。
海外の色彩豊かな画像では、RGBの露出時間がそれぞれ20分2枚なんてのが多いのは、この辺から来てるのでしょうねきっと。AO7使ってるといくらでも露出時間は延ばせるので、RGBはビニングしてても20分くらい露出したほうがいい色に仕上がるんじゃないかなー。

|

« IC443広角 | トップページ | cosmetic improvement of the image »

コメント

二つを比べると左が良いす。
右の星雲下側が白っぽく見えるのは我モニターのせいか?
カメラを買った直後、yosizawaさんから特にHαでは露出20分を目指せ!と強く言われました。
自分は短いのでなべて20分を目指すべく機材調整をしなくっちゃ。

メンテ長すぎ、障害か?

投稿: メーテル | 2005/03/17 11:29

Mikさんありがとうございます!!
やはり10分が圧倒的にいいですね!!
これで、すっきりしました。
自分の比較映像は、やはり10分1枚画像ってトコに問題ありそうです。
コンポジットして比較すれば、10分が俄然良くなってくるんじゃないかなあ。
時間が出来たら、自分もやってみます。

Mikさんがおっしゃっているように、やはり自分のシステムでも検証してみなければ、と思いますので・・。

投稿: uto | 2005/03/17 12:04

こんにちは。
mikさん、有益な情報をありがとうございました。
ボクも同様なことを行っていましたが、あまり大きな差がでませんでした。
F4のsky90で5分と10分を以前に見た目だけで比較していました。10分7枚と5分14枚でした。
しかし、最近になって、やはり5分よりも10分のほうが、画像処理のフトコロが大きいよう感触があり、飽和する場合もありますが、10分で行っています。
mikさんのstudyはFはいくつでしょうか?

投稿: pharm | 2005/03/17 20:57

こんばんわ pharmさん
M51はRD併用で2500mmf7前後です
f4ならば10分でも盛大にブルーミングするでしょー
F4+ST10って結構いい組み合わせなんじゃないかなー
岡野先生の教科書どおりだし・・・

CNカセ焦点では10分以上必要でしょうね
AO使用されるならそんなに問題ないと思います。
ただガイド星の「コマ収差がでてるとガイド性能がかなり落ちるので注意が必要です。


>UTOさん
光学系のF値とCCDによってもきっと変わってくると思いますので、やはりガイドエラーとの兼ね合いを考えていいところに落とすのがベストでしょうね。
そういう意味からすると、海外の「赤い赤道儀」 9μサイズのCCDで、3000mm、10分間 un-guideなんて書かれているとすげー性能なんでしょうね

>メーテルさん
右の画像の右下のはバックグランドのムラです。
これはCFW-8が原因じゃないかと疑ってるんですがねー

投稿: MIK(田舎) | 2005/03/17 22:27

F値は大きいよねぇ。
F6とF4なら2倍の光量差が生じるわけで、F6での10分露出は、F4なら5分相当になってる訳だしね。
そう踏まえて考えると、Pharmさんの結果がこれほど顕著でなかった理由も見えてきますね。
しかし、基本的に長時間の方が良いみたいですね。
ダークの関係である程度以上は恐らく無為とは思うけれど。
えきち(液体窒素)が使えればねえ、、
って、メンドーっすね。

投稿: uto | 2005/03/18 12:08

この中でえきちが手に入る方、MIKさん、pharmさんは仕事上容易ですね。
一度皮膚科で使われた記憶あり。

投稿: メーテル | 2005/03/18 12:38

液体窒素は大学院時代にgene-transferで遺伝子組換えをした大腸菌をよく凍らせてました。
でも常に補充しないとすぐ消えてなくなっちゃいますからねー

>そう踏まえて考えると、Pharmさんの結果がこれほど顕著でなかった理由も見えてきますね。

CNニュートン焦点のパラコアつきF4ってのはいいですねー。作例を見てるとST10とはベストマッチでしょう。5分で十分戦闘能力ありと考えますねー。そう考えるとε200+ST10XMEってのは同等の実力があるはずで、春の長焦点シリーズが終わるとST10をこちらにまわそうかと・・・ひそかにたくらんでおりやす。
125SDP直焦点f6.4でも10分露出で結構な解像度で仕上がります。中央遮蔽等を考慮すれば、TOA150f7.3 や 150SDP f6.4などはε以上の性能を発揮するかもー
フォトエキスポでTOAとEM400 なでなでしてきますね

投稿: MIK(田舎) | 2005/03/18 14:32

あれ?ε200もお持ちなの?
確かminiCANPで見たのは160だったような・・。

>フォトエキスポでTOAとEM400 なでなでして
>きますね

えっ、その場で予約してくるの間違いだったりして(^^;

投稿: uto | 2005/03/18 16:37

きっとなでなでして来たら、暫し後床の間に鎮座してるよ。

投稿: メーテル | 2005/03/18 20:16

いっぱいなでなでしてきやした
じゃあ買ってもらえるかなー

投稿: MIK(田舎) | 2005/03/20 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/3328824

この記事へのトラックバック一覧です: コンポジット比較(露出時間):

« IC443広角 | トップページ | cosmetic improvement of the image »