« 久しぶりの東京 | トップページ | Local Adaptive filter/こっちが主役か? »

2005/02/15

SXVでのMaxImDLの使い方

M31-filter
SVXで撮像した画像でRANK filterかけると、なぜかノイジーな画像になるだけ。原因不明です。
LRGBの画像なら大丈夫なのにねー
やはりカラーだと結局は解像度がBAYER配列の関係でそれだけ低いから??わからん。
いろいろやってるとFFTfilterであればノイズをあまり増やさずに、階調低下もあまり認めずにUSMのような効果があるようです。
普通にSI4+CSで処理するよりもエッジの利いた画像になります。これは好き嫌いの世界か?
キャノンから天体写真用でEOS20Dが発売されましたね。
これでカラーCCDも認知されたって言うことでしょうか。
モノクロ冷却CCD部隊は強拡大or narrow band路線で勝負でしょうね。
冷却カラーCCDの行く末は・・・ SXVのあの形 これが生き残るヒントでしょう。だってカメラってどうしてもグリップがあるんで丸にはならないからなー(うひ)。
20Dよりわたしゃこちらに興味があります。わずか200gのカラーCCD SXV-M8C。時代に逆行するsmall fomat CCD 極小ピクセル。これなんかまた面白そうですなー

|

« 久しぶりの東京 | トップページ | Local Adaptive filter/こっちが主役か? »

コメント

やはりノイズが悪いと思うんですよ。
なので、手間ですが、DDP処理後、TIFFに変換して、NEAT、再度、FITSに変換して、MaxImDLとゆー手順踏んでマス。自分の場合。
Rankより、個人的にはLOCALの方が好み。

よーやくここを発見したので、会社から、でした。
さー、昼飯いこ~。

投稿: uto | 2005/02/15 12:13

やはりノイズが悪いと思うんですよ。
なので、手間ですが、DDP処理後、TIFFに変換して、NEAT、再度、FITSに変換して、MaxImDLとゆー手順踏んでマス。自分の場合。
Rankより、個人的にはLOCALの方が好み。

よーやくここを発見したので、会社から、でした。
さー、昼飯いこ~。

投稿: uto | 2005/02/15 12:18

> SXVのあの形
プライムフォーカスっすね。
ジムさん、センチュリオン10 なんて造ってくれないかなぁ?

投稿: シナモン | 2005/02/15 16:07

>やはりノイズが悪いと思うんですよ。
なので、手間ですが、DDP処理後、TIFFに変換して、NEAT、再度、FITSに変換して、MaxImDLとゆー手順踏んでマス。
UTOさん Thanksです これでもう一歩先へ進めそうです

>プライムフォーカスっすね。
ジムさん、センチュリオン10 なんて造ってくれないかなぁ?

シナモンさん 大正解です
SXVのあの形 そのためにある形だと思いません?
12bitのデジカメでのあそこまでいけるんだから明るいF値とカラーCCD+ラージーフォーマット 最強の組み合わせになると思うんだけどなー

投稿: MIK(田舎) | 2005/02/15 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/2933596

この記事へのトラックバック一覧です: SXVでのMaxImDLの使い方:

« 久しぶりの東京 | トップページ | Local Adaptive filter/こっちが主役か? »