« こっちは限界です インフルエンザ | トップページ | くらげの頭 »

2005/02/17

SIGMA CLIP使ってみました(ニシシ)

NGC281_filtered

UTOサン またまた Thanksです。
CANのMLでTANAKAさんが紹介されていたMaxImDLの SIGMA CLIP使ってみました。
NGC281 125SDP直焦点 Custom Scientific Hα-4.5nm ST10XME -20°10minX12です。
こりゃー便利ですなー
吉沢隊長から教わったカラザノイズ一気抜きで、カラザノイズの問題はほぼクリアしていたんですけどねー
この手軽さはすげーの一言でやんす

なにしろ元画像12枚からこれを仕上げるまでものの10分です。
ダークとフラットを用意したら
1)Set calibration TABで darkとflatの画像を Add groupで作ります(ファイルを指定するだけ)
2)Calibrate allで一気にdark/flat処理(SI4より速いのなんのって ものの10秒でやんす)
3)combineを選んで、ファイルをAdd all
4)conbine ImageのTABが現れるので、Auto-star matchingを選んでOKすればホイ出来上がり
5)TIFFで保存してphotoshopで仕上げ

画像が回転している可能性があれば2つの星を指定したり、ガイドエラーや写りの悪い画像を捨てながらコンポジット可能です。

英語のマニュアルをろくに読まずに使っていたMaxImDL プリントアウトして熟読しとりやす
このソフトとんでもない実力がありますなー
これで撮りためて処理をほったらかしている画像処理も一気に解決だー!

|

« こっちは限界です インフルエンザ | トップページ | くらげの頭 »

コメント

Maximいーでしょ。
コンポジットのAutoMatchingの早さは特筆物だよね。
あと、ステラにはない、三色分解合成時の自動マッチングも出来たと思います(かなり優秀)

マニュアル見て面白い機能があったら、また教えて~。

投稿: uto | 2005/02/18 12:19

ですね。
がんばって解読しておりやす。
日本語マニュアル作りましょうかねー

ほんとAUTO Matchingなんであんなに早いんでしょ。
というよりSI4は何であんなに遅いのか?
画像の解像度の変更はフォトショップの実に12倍の時間がかかっておりやす。

しばらくはMaxIでニシシ ですな。

投稿: MIK(田舎) | 2005/02/18 22:56

日本語マニュアル作りますか?
大賛成します。
是非御願いしますと言いたいですが、かなり頁が有りますよ。

投稿: メーテル | 2005/02/19 10:18

英語に関してはまったくのアナログ人間なので、日常会話以外はどーしても紙に書かなきゃ理解できません。
ざーっとATLASなんかで翻訳して、校正すれば結構いけるかモーです
でも詳細な画像処理では微妙ニュアンスを日本語で表現するのは難しいでしょうね
でもSI4のマニュアルも、天文や以外ではまったく意味不明でしょうから仕方がないかな
結構、画像のキャプションが多いので、tutorial形式でいくのがきっと簡単なのでしょうね・

投稿: MIK(田舎) | 2005/02/20 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/2973053

この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA CLIP使ってみました(ニシシ):

« こっちは限界です インフルエンザ | トップページ | くらげの頭 »