« Focuser | トップページ | NGC2403 by ST10+AO7 »

2005/01/26

デジタル現像比較

DDPhikaku

以前にから疑問に思っていたが、「USAの著明な天体写真家の画像はなんであんなにエッジが利いていてしかもなめらなのか?」。曇り続きで画像処理で遊んでいたら結構面白いこと発見。
DDPには日本産(ステライメージ4) EU産(ASTRO ART) USA産(MaxIm DL)それぞれには独自のフィルターがあって面白いのですが、どうも一長一短あるようで・・
MaxImDLのFFTフィルターではあたかもアンシャープマスクのごとき鮮やかになりますが階調が乏しく感じます
ステライメージは階調豊富ですがなんとなく眠い
ASTROARTは結構柔軟に対応できてそれぞれの中間かステライメージより

それではそれぞれをいろんな割合で加重平均したらどうなるか・・・
結構USAぽい画像になるじゃありませんか!。
淡いところのコントラストはやや低下しますが、アンシャープマスクなしでもあまり階調落とさずに解像度が上がった感じが出ます。
満月の間は AO7+ST10XMEのテストのみなので、いろんなDDPフィルター画像を試して落としどころを見つけるのもいいかもしれません。
画像処理にちょっといい方向が見つかったような気がします。

|

« Focuser | トップページ | NGC2403 by ST10+AO7 »

コメント

こんばんわ、Utoです。
マキシのDDP、確かに階調不足になる感じですよね。
USA・・・ああ、大分県宇佐市(爆)
く、くるしい。

投稿: uto | 2005/01/28 21:42

UTO さん ありがとうございます
MaxImDLを使いこなしたいですね。やはりオートフォカスモードを使えるめどをはるまでに立てたいです。
それと、Camera Filed Rotator USAから到着しました。AOつけて回ってくれるか明日テストしてみますね。

投稿: MIK(田舎) | 2005/01/29 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/2701110

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル現像比較:

« Focuser | トップページ | NGC2403 by ST10+AO7 »