2018/10/15

ウハ!ナローバンドファンなら 失禁してしまうレベル ガム星雲(ほんの練習)

Gumrgbdpps昨晩はSSOリモート天文台も久々の超快晴。仕事も立て込んでいたので薄明まで仕事しながら頑張っちゃいました。小マゼラン・大マゼランのナローバンドを撮影したら、ええ塩梅にガム星雲が上がってきているではあーりませんか。まあ今日は構図決めるだけのあくまで練習ですからね、Hα30分 O3 30分の1時間こっきり。軽く処理してみたらあーあーあー ナローバンドファンなら失禁してしまうレベルでやんす。これを撮るためだけにオーストラリアにリモート天文台立てたともいう夢にまで見たガム星雲でやんす。でもねーデカいのなんのってVSD+KAF50100でモザイクしても中心部のみで16枚 全部入れたら32枚ありますからね。重なり入れても10億画素は余裕で行っちゃうレベルです。これだけ写るVSDあんたは凄いわ。いやー俄然モチベーション上がりまくりでっせ。
ほんと1写野3時間で 100時間。一冬かけたら完成するかな。ちょっと本気出して頑張ってみるかに
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/AOO 30/30/30min


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/11

バット星雲とNGC3766 うーんええ感じじゃないかい

Ic2944lrgblogstdppskansei今回もSSOリモート天文台から、ちょっと時季外れですがバット星雲とNGC3766とその周辺の暗黒星雲です。ダークフラット補正してマキシムでLRGB合成して、log現像してフォトショップで色調整のみ。2時間足らずでこの写りですからタマランでしょ。この対象を今度はASA12インチと小ピクセルCCDでエッチらほっちら撮影していたら、一生遊べます。ほんとAUSSIEリモート天文台サマサマです。
マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(60/20/20/20min)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/09

M20 & M23 こういう構図も心の余裕

M23ldplrgbps今回は定番のM8&M20ではなく M20とその北にあるM23 散開星団のツーショットでやんす。ついつい定番構図で撮っちゃう領域をあえてこんな構図で撮影しちゃうのはいつでも晴れて、しかも処理しやすい漆黒の夜空に恵まれているからでしょうな。日本のように天気予報に一喜一憂することもなく。気合の入ったときに撮影するっていうなんとも恵まれた環境だわ。撮影でガツガツしなくなったことは精神衛生上も非常によろしい。処理もギンギンに攻めずにしっとりと表現してみました。あっしは結構好きだぞ。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(30/20/20/20min)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/03

LMC AOS palette:とうとうナローに手を出し始めてしまった グハ

Lmcaos S2フィルターが少し傾いているのかもともとバーダーの面精度が悪いのか?、左右の読み出しゲインゲインがずれてきているのでちょっと攻め切れませんがAOS合成で300分 摩訶不思議な超新星残骸の集団。ナローファンなら失禁するレベルやな😅1000mm以上で撮影したら1年以上はここだけで遊べるぞ
ASTRODONのおやじに特注で65mmの同焦点ナローバンド作ってもらいたいけど高いんやろな。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/AOS8100/100/100min)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/09/29

IC4628エビ星雲 うーん美しい領域じゃ

Ebilrgblogdppskansei_2
今回はまたまたSSOリモート天文台からさそり座のちょうどおなかのあたりかな。星形成領域のIC4628(中央の赤い散光星雲)と周囲の星々とそれを取り囲むHα領域です。ここは全天でおそらく1-2を争う美しい領域です。オーストラリアで天頂ですから漆黒の夜空に広がる宝石箱をひっくり返したような光景は、双眼鏡で眺めていたらもう今すぐ死んでもいいと思わせる美しさです。なんだか疲れてんのかなオーストラリア行きたくなってきたぞ。でもほんと田中光化学工業さんのおかげです。ろくに画像処理しなくてもこんなのバンバンとれちゃうんですから ありがたい話です。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(30/20/20/20min)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/27

天の川中心部 うーんこういうのたまらんね

Galaxycentlrgbstps_2あっという間に9月も終わりじゃ。この夏に撮りためた30対象をエッチらほっちら処理中でやんす。今回はSSOリモート天文台で撮影した天の川の中心部分をLRGB合成で。5Kモニターで5000万画素の無数の星々を見ていると、なんだか宇宙遊泳しているようで不思議な感覚にとらわれちゃいますな。日本じゃ光害かぶりで決して撮ろうとは思わん対象です。ほんと1年撮影したら南半球の星々って個展できそうな勢いですな
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(60/20/20/20min)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/19

漆黒の空は宝物です 奥様デジカメでもこの写り

M8pano夏の釣果をSSOからえっちらほっちら転送しているんですがね、とりあえず原点監視用の奥様デジカメCANON KISS X50に撒き餌レンズの50mmf1.8でも同時撮影してみたら写る写る。5年前の1000万画素の無改造キスデジ さすがに撒き餌レンズなんでf3.5まで絞って 3分露出を2枚ずつフォトショップで4枚モザイクして しめて24分でこの写りです。”空さえよけりゃーこまけーことはええんだよ!”状態でやんす。ここに改造6D+Sigma105mmf1.4なんか持ち込もうとしているんですからほとんどこりゃーテロですな。ブロードバンドはデジカメに任せて、冷却CCDはまたディープなとこを狙いましょうかね
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 奥様KISS X50+50mmf1.8 3分X2X4 フォトショップでモザイク合成

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/09/04

Aussieにさらに新兵器投入



SSOリモート天文台のデジカメの写りに気を良くしてさらに新兵器投入punch
新 手乗りシュミット sigma105mmf1.4に改造6Dで冬の星座群を底引き網のように狙っちゃいましょうかね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/08/23

RC+タカハシF3.0レデューサー フルサイズテスト

Ccd_image_309_2Img_1778今日は明日の台風に備えて東条ドームに出かけたのですが、あまりに天候が良すぎてフルサイズCCDを使ってのテスト。やっぱりカラーCCDを購入(国内投資)はやっぱり無駄金になりそうなので、2900万画素のML29050用のアダプターを作成。オフアキシスは特注しないといけないので今回はガイド鏡を使ってMaximDLのマルチスターガイドで撮影。結果は上々。2400mmでも高精度エンコーダーの威力かええ星像です。結果は見ての通り、カタログ通りの周辺光量落ち。中心でfocusすると周辺はかなり星像が乱れますが、周辺2/3くらいでフォーカスしたらまあまあかな。オフアキシスを使わないなら、CCDの位置も変わらんわけでいいフラットさえとれば実は結構いけそうな気もします。ガイド精度がAOなしなのが辛いですがそこは10分露出で多数枚コンポジットで勝負するしかないかね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/20

結局 東条じゃナローバンドになっちまうのかな

M33dpps昨日はオフアキシスのセッティングで東条へ。あっさり設定OKなのですが、もう少し内径の大きなオフアキが望ましいな。お月が沈んだ後にちょっと低空の光害バリバリの東の空でM33をテスト撮影。ノーフラットノーダークで中央部トリミングしてあります。結果はさすが20インチf4.8 数世代前のカラーCCDでもよーく写ります。ただLPS入れてこれですからね。絶対に合わないフラットに四苦八苦するのはもう勘弁してほしいな。新型のカラーCCDに投資するのはやっぱり無駄かね。オフアキシスをやめて、ガイド鏡で撮影して フラットを毎回撮影してまでカラーCCDにこだわるのもねー。結局はナローバンドやっちゃえってことになっちゃうんだわな。うーん やっぱり国内に投資するのはムダ金やな。それだったらアウトランダーうっぱらって、モーターホームがほしいぞ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

«光害地のカラーCCDは苦行やな