2018/02/14

M100 銀河撮影もいいもんだ

M100llrgb1lrgb3ps最近の超快晴続きで睡眠撮影法全開で結構撮影しているんですが…なんてったってインフルエンザの猛爆撃で毎日150人以上診察させられたらおちおち画像処理もできません。ようやく先日撮影していたM100を処理。LPS-P2フィルターを50mm角で切り出してもらって、CL-1に装てん。リモートでフラットパネルを使ってちゃんとフラッっと撮影をするようにしたら結構フラットが合うようになったのでブロードバンド撮影を。いやー6分チョットの小さな銀河ですが4メートル砲だと結構迫力あるんじゃ内科医。今回はRGBがそれぞれ30分づつだったのでもう少しカラーの時間を延ばしたほうがよさそうだニャン。春の銀河を一日1対象ずつ撮影していきましょうかね。
officina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃) ASTRODONLRGB (150/30/30/30min) SBIG AO-X /C ST-10XME guided

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/02/06

NGC2841 久々の撮影

Ngc2841lrgb4インフルエンザの猛爆撃で撮影しても処理ができん。てなわけで先日深夜過ぎから3時間 久しぶりにブロードバンド撮影を。地球から4600万光年も離れた巨大渦巻銀河NGC2841です。4メートルの焦点距離で狙ってみたら内部の構造まで描出できます。銀河のそばにある輝星は8.5等星なんですが、この焦点距離だとすごく明るく感じますね。いいアクセントになります。写野のなかには小さな銀河が沢山あります。今年はこのくらいの大きさの銀河を狙っていくかね
officina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃)
ASTRODONLRGB (180/20/20/20min) SBIG AO-X /C ST-10XME guided


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/08

あけましておめでとうございます

Img_0069といってももう新年8日。家内の撮影旅行に付き合ったり、仕事は忙しいわでまだ本年度のファーストライトはなし。今年はちょっといろいろてを広げちゃうのはなしにして、新月期にはアウトランダーで近場でもいいから遠征して星景写真でも撮りたい。あと東条の済っと2連装を稼働、オーストラリアのリモート天文台もあと1っ歩まで来ているので完成させたいってのが目標です。できるだけ更新頻度を上げていくのでお楽しみくだされ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/30

いやはや これアカンやつやわ シュミット2連装

Img_00651天文リフレクションの格安販売情報につられてぽちってしまったシュミットでとうとう2連装になっちまったぜ。東条で1年間せっせとデジカメつけて彗星探しにいそしんできた鏡筒も、弟分の参上でこれからはナローバンド一直線に。こうなったらもう一本載せて3連装にしろっていう意見もございますが・・・・フィルターふぉいーるもイランし。赤い赤道儀は搭載重量は煩悩と同じ108Kg まあ3連装でも余裕なんですが…  もう一回amazonさんお年玉セールやってくれんかね(爆)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/26

NISIのNatural Night filterを使ってみた

Img_0015_1昨晩は予想に反して雲は流れてくるも西脇まで超快晴。東条はリモート撮影しながら、西脇でNISIのNatural Ngiht filterを使って ふるさと納税でもらったOTUS28mmf1.4でテスト撮影。西脇は西北の空は結構暗いのですが、やはり光害があります。今回はでっかい150mmX150mmの角型フィルタを使ったところ、フィルター径95mmのOTUS28mmでも変な色むらもなくなかなええ感じです。写真はf1.8まで絞ってISO3200/露出17秒で一発どりです。Dsc_0285光害もカットされててええ感じでやんす。これは星景にはマストアイテムやな。ただこのままだときっと夜露で駄目でしょうな。ほかの角型フィルター使っている人はどうやって夜露対策してるんでしょうかね??いろいろ聞いてみても反応がないので・・・巷で見かける星景のかなりのものは合成写真丸わかりなんで、ほんとに撮影してるのかも怪しいのも多いですからね(改造機でもないのにM8とかが真っ赤に写ってたりしちゃってw)。とりあえず端にヒーター巻いてテストしてみますが、この表面積は厳しいかも。乾燥空気をしたから、PCファンで吹き付けるっている荒業が必要かも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/24

いやー 4日間かけて久々にAPOD狙うぜ バラ星雲2017

久々に晴れ間が続いたので本気モードで一発ぶちかましときました。バラ星雲です。亜熱帯のようなシンチレーション。AO使ってこの時期でもまだまだ4メートル砲炸裂中です。
officina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃)
ASTRODON 3nm (300/420/300min) total 17hour
SBIG AO-X /C ST-10XME guidedApodngc2239s2rgbstddpps2sao2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/21

うひょうひょ 冬とは思えんシーイング キター ---(゚∀゚)-----

Bara_ha_st_mixddp昨晩は10時過ぎから5時間 がっちり睡眠撮影法でバラ星雲を。真冬とも思えないような素晴らしいシンチレーションで、朝に撮像画像を見たらびっくらぽん。今まででこれは最高の解像度ですな。明るいガイド星があるので0.1秒の高速ガイドも相まってええでええで。日本でもAO使えば 4メートルの焦点距離を生かせる条件はやっぱりあるんですよ。これも温暖化の恩恵かね。もうこのまま亜熱帯になっちまってもええぞ。本日はS2 明日はO3とって15時間露出でAPODに突撃するぜ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/20

今年のラストはバラ星雲

Bara今年の最後は20インチの最終作品としてバラ星雲を。0.1秒のガイド星があるのと数日は結構シンチレーションよさげなのでこの上弦の月くらいまでに4晩くらいかけて1作品仕上げてみましょうかね。今後は動画&惑星に20インチRCは行ってみましょうかね。動画はCANONさんのME-20SFは見積もり出したけど冷やかし客と判断されたのかガン無視されちゃってトホホです。アメリカで直接購入したらリモコン込みで$21000なんで日本の2/3でかえちゃますけどちょっとがっかりやね。久々にCANONに戻ろうかとも思ったけどSONYのα7S3が3月に発表されそうなんでなんだかそっちに行っちゃうかも。レンズも全部SONYになっちゃってるしね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/19

いざ 出陣 ML50100 & VSD 頑張ってくるんだよー

Ml501000わが軍最高画素を誇る ML50100&VSD 一式がオーストラリアに建設中のリモート天文台に旅立ってゆきました。これでガム星雲を一網打尽にするのがあっしの夢です。底引き網のように南天の星々をガンガン撮影したいなー。頑張ってくるんだよー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/14

天文も liveの時代になってきたんやね

2017_gemini昨晩は11時過ぎから全天快晴で、雪の降ってくる2時前までyoutubeでライブ配信。結構リアルタイムで流星が流れるのはテンション上がりますな。LIVESHELLXというデバイス使えば、簡単にどこでもライブ配信出来ちゃいます。アーカイブが上がってますのでまたみてやってください。こうなったらCANONのCanon ME20F-SH買うしかないな。来年のペルセウス座流星群は、遠征地からカラーでライブ配信やってみるぜ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

«星空ライブ配信テスト中