2019/12/22

久々に撮影 モンキー星雲

Monkey-sao-stlrgb-st-ps3 ほんと悪天候にインフルエンザの流行やなんかでまともに撮影できない日が続いていましたがようやく、満月過ぎに月の出までの数時間モンキー星雲を狙ってみました。今回はSAO各1時間であっさり仕上げたのですがPL09000の高感度をもってすれば明るい星雲ならナローバンドでも絵になっちゃいます。でもこの晴天率なら光学機材も宝の持ち腐れでやんすな。来年からちょっと身軽になるために機材売却よてい。またご期待あれ。

officina stella PRO-500:20inchRC F8/FLI PL09000/ASTRODON 3nm SAO(60/60/60min)

| | コメント (0)

2019/11/11

安定の東条ドーム Melotte 15

Melotte-ha-st-dpsao-ps 圧迫骨折もようやく完治して、診察終了後にようやくランニング開始。5kmから初めて10kmまでゆっくりジョギング。再起はいい天気が続きますか らね、ラン前に東条ドームで撮影開始ちゃいます。本当に安定してデータ出してくれるんでありがたいわ。今回は皆さんご存知IC1805ハート星雲の中心部MELOTTE15っていう領域を狂拡大でねらいました。フォーク赤道儀の利点で一晩でほったらかしで撮影できちゃいます。これから冬の長い夜は、雷雨の心配もないし晴れればガンガン撮影セナあかんな。

officinastella 20inch RC F8.0/AO-Xguided/PL09000/LPS/SAO 10minX9X3

 

| | コメント (0)

2019/11/07

CFHTパレットのM42もええもんだにゃ

M42-rgb-log-dp-ps-new2 東条のシステムはほんと完璧でブランクがあっても確実に動いてくれますからね。あとはKL4040の帰還を待つばかり。先日朝まで超快晴が続いたので薄明前に定番のM42を撮影。明るい対象にPL09000っていう超高感度CCDですからね 2分露出を各6枚 わずか36分です。
普段の赤い星雲ではなく、ちょっと変わったCFHTパレットで表現してみました。波長順ではなくAOSっていうちょっと変わったM42もええでしょ。もうあっという間に冬の星座で空は埋め尽くされちゃいますね。感染症の患者さんも増えてきて、施設も重症者が増えてきて忙しくなるにゃ。年末まであっという間だにゃこりゃ。

officinastella 20inch RC F8.0/AO-Xguided/PL09000/LPS/SAO 2minX6X3

| | コメント (2)

2019/11/05

久々の投稿は 銀河からスタート M33

M33new 電子カルテの入れ替えや調剤薬局のM&Aとかで忙しくて撮影もママらなかったわ。ようやく再始動。KL4040はいまだ修理から帰還せず。PL09000再登板で久々のショットはM33.L画像が50分なんですが RGB60分ずつ撮っちまったんでカラフルでしょ。LPSそろそろいれて天頂なら東条でも勝負できるな。本気出して撮影セナあかんわ。

officinastella 20inch RC F8.0/AO-Xguided/PL09000/LPS/RGB 50/60/60/60min

 

 

| | コメント (0)

2019/09/10

スコープドーム到着

Img_3745AUSSIEに2基設置する予定が1基でもうおなかいっぱいなのでドンブラコドンブラコと神戸港に流れ着きました。

三鷹の赤道儀をお迎えすにあたってやっぱりドームでお迎えセナ失礼に当たるってわけで、西脇に設置予定。今回から田中光化学工業さんで正式取り扱いが開始されております。AUSSIEでリモートで使ってますが、非常に安定して動いてくれてます。ASCOM経由ですべて制御できるので、日本のメーカーさんで自分で一から構築するより、すべてオールインワンで供給されますのでリモートにはぴったりですよ。

| | コメント (0)

2019/08/28

この夏のお題 sh2-101

Sh101jastdplrgbps2 日本の夏は晴れなくなっちゃいましたな。7-8月で少しでも星が出たら撮影を繰り返していたsh2-101でやんす。KL4040がUSBのトラブルで急遽PL09000が再登板。AO使って高速ガイドで長時間露光を敢行。ようやく1対象ものにできました。15時間露光で周囲の暗黒帯まで描出できたかにゃ。9月になったらもうちょっと晴れてほしいな。

 

fficinastella 20inch RC F8.0/AO-Xguided/PL09000/SAO 3nm/300min,300min.300min

| | コメント (2)

2019/07/27

M17 4メートル砲炸裂だぜ。

20190725m17saoようやく梅雨明けかと思ったらUSB転送の不調でKL4040が緊急ドック入り。急遽再登板のPL09000.今回はAO-Xを再度実装してこの秋の銀河軍団を迎え撃つぜ。まずは低空ですがM17をナローバンドでねらい打ち。ちょっとフォーカスが甘めですがええ写りです。PL09000は高感度でノイズも少なく画素数も900万画素でPCに優しい。ほんと長焦点向きのCCDです。やっぱりもしもの予備で置いておかなあかんな

officinastella 20inch RC F8.0/AO-Xguided/PL09000/SAO 3nm/60minX3

| | コメント (2)

2019/07/26

1晩の晴れ間を3倍にする作戦 3CCDナローバンド砲

 

あまりに晴れないので1晩の晴れ間を3倍にしてしまうぜ作戦。神をも恐れぬナローバンド3CCD砲

まあ手始めにFC-60CB+RDで255mm 1インチセンサーの TRIUS814X1 TRIUS694X2台で地引網のように北天のおいしいところを一網打尽にしてやろうかね。これはなかなか強力な武器でっせ。CCDはAPS-Cまで行けそうなのでML162003台なんてのもええんじゃ内科医

| | コメント (0)

2019/07/11

エビ星雲周辺には摩訶不思議な構造が・・・

201907stebirgbdpsaopss 今回もSSOリモート天文台から。さそり座のエビ星雲周辺の淡いHα領域を狙って長時間露光。2晩かけてSAOで2時間ずつで合計6時間。中央上のエビ星雲を取り巻くような摩訶不思議なHα領域をあぶりだしてみました。この領域はブロードバンドでは星が多すぎるんですが、ナローだと淡ーいHα領域もあぶりだせちゃいます。もうちょっとHαの時間を延ばすべきだったかな。でもよーく見るとIC1805となんだか似とるな

VIXENVSD+KAF50100:SAO(120/120/120min)

| | コメント (0)

2019/07/08

やっぱり タカハシは凄いな

Img_3458_20190708211701 Takahashi こういうところがタカハシの素晴らしいところ。ヤフオクで入手したボロボロの20年以上前のイプシロン160。高橋さんに相談したら快く快諾。再メッキに鏡筒内の再塗装。新型羽型スパイダー交換と光軸調整親子ネジに換装、新型補正レンズですっかり新品に。メンテナス費用17万ってのも破格の安さやん。流石ファンが多いのも頷けるわ。やっぱりタカハシやな。

| | コメント (0)

«超高速ナローバンド 3冷却CCDシステム ぐはは